So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

46 帰ってきた写真ギャラリーめぐり-お気に入りの写真作品と音楽を楽しむ大人の休日- [写真 音楽 ギャラリー]

 予告通りのギャラリーめぐりの回になる。この日の行程は浮間舟渡という埼玉との県境にある駅からスタート。ここはギャラリーはないが、リコーペンタックスの窓口がある。ここで古い取説を手に入れたところで品川に向かった。品川では割とお気に入りの写真作家の個展が行われていた。『月光浴』といえば写真ファンには通じるので、それ以上はキヤノンのホームページを参照して欲しい。
 今回は行く先々で親切なスタッフさんが多くて嬉しかった。この品川でも作品についての基本的な説明を入れてくれた。気になる雨も、この会場を出る頃にはやんでいて、うっすら日差しも現れていた。いつもながらこのSタワーの一階にある展示ルームは良い雰囲気で作品が展示してある。今回も効果音が流れて、南国異国情緒が満載の展示ルームだった。
 その後、銀座に移り、カメラ店やギャラリーをぶらぶらしていた。そこでワコーの時計台の正面、交差点の交番側に、ペンタックスの大きな広告を発見。そのビルに入ってみることにした。案内板にはリコーの文字。すかさずエレベーターへと乗り込んだ。
 今回、初めてリコーのショールームにお邪魔した。この辺りは語彙力の乏しいわたしには説明しづらいのだが、新宿のフォーラムは旧ペンタックスフォーラムなので、この銀座のショールームの場合は、もともとのリコーのショールームだった場所というとわかりやすいだろうか。でもまあ、しっかりとペンタックスの製品も置いてあった。銀座の交差点を一望できるロケーションの良いショールームだ。
 実はこのショールームに行くのに階を間違えて、一つ下の階のエレベーターのボタンを押してしまった。どちらにもリコーの文字があったので。(おかげでこのブログにとっては都合良く、ネタがひとつ増えることになった)
 するとそこはギャラリーだった。今回は用件が違ったのと、時間が無かったので入らなかったのだが、入口でまごついていると、中からスタッフの方が出てきて、迷子同然のわたしにこのギャラリーの説明をしてくれた。
 どうやらこのギャラリーは、リコーペンタックスファミリークラブの会員制のギャラリーで、一般のひとは510円の入場料が必要な場所らしい。中でお茶も出来るシステムのようだ。展示作品の販売も行っており、メーカー系のギャラリーとしては珍しく、民間ギャラリーの要素も持っているようだ。気軽に銀座ギャラリーめぐりの拠点に、隠れ家的あなばに、などと考えるのであれば、ファミリーに入会すると会費分のポイント特典も付いたうえで、入場無料になるとの事である。
 平日だからなのか、やはりここでもスタッフの方が親切に、上の階までご案内いただいて、簡単なリコーの社史、旭光学との関係などを過去の製品などを見ながらご説明いただいた。わたしがもともと知識として知っていたのは、理研光学が略してリコーなので、理化学研究所での研究成果を製品として国民に還元して役立てる企業だったと言うことのみだ。いずれにせよ、長い歴史を持つ会社である。旭光学は言わずと知れた国産初の一眼レフカメラを発売した会社である。光学機器の特性を活かした医療機器などでも活躍した会社であった。
 そして今回最後はギャラリーの類でもあるので、例外ではあるが、銀座の中央通りにある楽器メーカーのホールについてのご案内で幕引きにしたい。なんと抽選に当たり、三十名ほどの空間で有償安価なオーディオ試聴会に参加することが出来た。もちろん最高峰のスピーカーもさることながら、音楽家の加羽沢美濃さんの生演奏も聴かせていただけると言うことで、またとない機会なので応募したしだいだ。
 六階の会場は、アコースティックの楽器の音の特性が活かされるように壁面を調整された部屋なのだそうだ。ステージのないコンサートホールということになる。いわばクラッシック音楽なら室内楽などがいい音で演奏を楽しめるホールと言うことになる。こんなホールが銀座店の六階にあったとは知らなかった。普段はエレベーターもとまらない階らしい。画像を見ていただくと分かるが、スピーカーは黒で、グランドピアノとほぼ同じ塗装仕上げとなっており、オーディオとピアノの調和が取れたデザインになっているそうだ。楽器メーカーならではの技である。加羽沢さんのTwitterに載せてある写真の方がわかりやすいかも知れない。
 ただし今回はオーディオスピーカーの試聴なので、音の跳ね返りを防ぐための工夫として、調音ボードを立てての調整を行ったそうである。
 加羽沢さんの演奏は通しで拝聴できたのは二曲。クラッシック音楽一曲とご自身の作品一曲だったが、ピアノを使って試聴する作品の解説をしていただいたので、まるで『らららクラッシック』の番組を見ているかのようだった。石田さんもいらしたら、もっと番組っぽくて良かったのに(笑)。
 今回の試聴会のおかげで、ビッグバンドジャズ、角田健一さんの作品の良さも知れたし、加羽沢さんの今の仕事を目指すきっかけの曲、ラフマニノフ『ピアノ協奏曲第2番ハ短調』の音の特徴なども教えていただけた。あっという間の時間だった。
 わたしは旧日本楽器製造のYもそのライバルのKも好きである。えっ? なんの話かって。…神奈川県を愛するわたしは、「よこはま」も「かわさき」も好きであるということだ(笑)。おあとがよろしいようで。


品川のキヤノン・ギャラリー
shinagawa.jpg

銀座のリコー・ギャラリー
ginza.jpg

ヤマハ銀座店六階のアコースティック演奏ホールと試聴スピーカー
ginza6.jpg


キヤノン・ギャラリー
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/ishikawa-blue/index.html

リコー・ギャラリー
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/community/squareginza/

加羽沢美濃さんのTwitter
https://twitter.com/kabasawamino

ヤマハ銀座店
http://www.yamahamusic.jp/shop/ginza

45 私流よこはまの花便り12-バラ満開とまつりの晩春初夏編- [自然 文学 歴史]

 今港の見える丘公園のバラ園では、バラがまさに盛りである。もうピークを迎えていると言っても過言ではない。イギリス館横にあるこのバラ園では、「何で平日なのにこんなに人が多いのかしら?」という声が飛び交っていた。それを聞いている他の人たちもみなそれぞれがそう思っていたに違いない(笑)。
 晴天に恵まれてイギリス館周辺は大賑わい。わたしの愛機ペンタ君(ペンキ屋さんの会社ではありませんし、米国の国防総省の建物でもありません・笑)も大活躍であった。
 バラについて少し述べると、公園を散歩するようになったのはこの十年なので、それ以前は野生種のノイバラやハマナスなどを撮影することが多かった。ノイバラに詳しい人に以前聞いたとき、野生種のノイバラは雑草に近い扱いなのだが、園芸品種のバラを接ぎ木するときに重宝するという。なので、あまり刈り取らずに幹を太くして愛好家に渡すと喜ばれるというのを聞いたことがある。
 アイスバーグや ブルームーンが定番中の定番なので、園芸種にうといわたしでも知っている。各地の植物園には必ずと言って良いほど植えられている。
 以前も述べたが一重咲きのバラが好きだ。でも八重咲きもいい。個人的には暖色系のバラが好きなのだが、とりわけ橙色系が好きである。贈り物として、人さまに差し上げるのには赤やピンクが一番の上品な花と考えて、ふさわしい人にはプレゼントするのだが(そんなにいろいろな人に頻繁に花を贈るほどこまめな性格ではない・笑)、鑑賞するなら白とピンク、でも被写体にするのは橙色が好きなのである。露出の関係上、白は飛びやすく、濃紅は沈みやすいので、露出を設定しやすい中間色の橙色なのである。この理屈がもしわかりにくいひとは、写真の露出の本を読んでみよう。
 話を戻すと、賑わうバラ園の人ごみを画角から消しながら、必死に撮影してきたものをアップしているのでご参照願いたい。
 余談だが、同時に山手西洋館の市民モニターの会合に参加して、初めて知ったのだが、ファンクラブがあって、それのスタンプを集めると、非売品の傘がもらえるらしい。上品そうな奥様方が会合の意見交換で皆に教えてくれていた。十年以上も西洋館とその周辺の写真を撮り続けていたのに「知らないことはあるんだな」と、世間の広さ、深さに感銘を受けた一瞬だった(大げさかな?)。いずれにしても、コアなファンというのはどこにでもいらっしゃるので、わたしのように町の景色としての西洋館や季節の花を愛でる公園という切り方ではない西洋館の楽しみ方もあると言うことを気付かされた。「おにぎりせんべい大使」同様に、間接的にではあるが、横浜市のお役所仕事のPRなどお手伝いをさせていただけることに感謝している。楽しみな一年になることに乾杯!
 あと前回のミツバチくんの件であるが、アメリカ山の公園でミツバチを管理しているらしく、もしかすると、元町の菓子店でも、本牧の養蜂家でもなく、アメリカ山の公園のミツバチが山手の丘を席巻してるような気がする。あるいはそれらの場所すべてのミツバチと言うこともありそうだが……。こんど山手に行く機会があったらフレンチラベンダーの花の前で仕事をしているミツバチ君に訊いて見たいと思う。
「君はどこから来たのかな?」
 きっと無視されることだろう(笑)。

 ではまつりの話に移ろう。記紀神話ファンのわたしにとって、装束なども含めて、王朝絵巻や歴史を実体験できる貴重なイベントが祭だ。


 祭にはいくつかのタイプがある。神さまを神輿や山車でお連れして、ご神域のご視察していただく渡御(とぎょ)があり、休憩所をお旅所(たびしょ)などという。
 神楽(かぐら)や舞楽(ぶがく)のように、舞で神さまをもてなすものも、祭りの重要な儀式のひとつで、一説にはまつりの「まつ」は降臨を「待つ」から来ているともいわれているらしい。したがってこの形が原始的な祭りの原型で、磐座(いわくら)や依代(よりしろ)を用意して、舞を披露したものがその始まりと記す本も多い。
 神輿や山車を渡御するものも分類ができる。威勢の良い担ぎ手の荒々しいものと粛々と進められる厳粛なものがある。多くの祭の写真をおさめさせていただいたなかで、印象に残っているものを画像と一緒に振り返ってみたい。
 伊勢では春や秋にお披露目される舞楽(ぶがく)の演目の他に、川曳きと陸曳き(おかびき)という、神輿の代わりに山車(正確にはお木曳車/奉曳車)や川ソリを使う引き手の祭がある。これは神輿とは意味が異なり、神聖な初穂や神殿の木材などを運ぶ役目を担うものである。お白石の行事もこの手法で運ばれる。舞楽もお木曳きも大好きな祭の行事である。
 熱田では一日中舞楽を奉納するお祭りがある。このおまつりは舞楽好きにはたまらないものだ。初めて訪れたときは雨天で室内の簡略化したものだったが、翌年は色鮮やかな大太鼓(だだいこ)の音やおおきな舞台の上で、見ることができて興奮した。こんなに多くの演目をやってくれる神社さんは少ないからだ。
 関東での舞楽は鶴岡の八幡さまや明治神宮で見ることが出来る。観覧は出来ないが大宮の氷川神社でも『東遊(あずまあそび」)』の演目が奉納されている。勅使の列が入場する際、『東遊』の演目衣装を着た踊り手を見ることや撮影することは可能である。まあ、いずれ舞楽についてはあらためてこのブログで紹介してみたいと考えている(ずっと先になると思うが)。
 舞楽の場合、おおよそどこの神社でも決まっているのが最初は、舞台を清める『振鉾(えんぶ)』ではじまり、最後は舞のない音楽のみの『長慶子(ちょうげいし)』でおわるということである。この曲は、笛の名手と名高き、かの源博雅(みなもとのひろまさ)の作ともいわれている。
 人気なのは、もともとは稚児舞から発生したと言われる『胡蝶(こちょう)』や『迦陵頻(かりょうびん)』である(これ漢字出すの難しい)。 女性の舞手が四人で規則正しく舞う姿が、優美なためかもしれない。わたしが見た中では、女性の舞手の演目はこの二つしか無い(知らないだけで他にもある可能性はある)。面をつける『還城楽(かんじょうらく)』や『抜頭(ばっとう)』などの演目も人気だ。文学と結びつくところでは『青海波(せいがいは)』などは、『源氏物語』にゆかりが深い。
 舞楽については、撮影の枚数、写真展の可能性が出てきたとき、いずれ私のなかでお披露目できるレベルになったらご紹介したい。そこそこストックは演目ごとに十年分程度ある。それまでこうご期待(だれがわたしに期待するのだろう?)。このように舞楽は、結婚式や例大祭などでもお披露目されるような、一般に巫女舞と言われているものとは少々異なる舞である。
 さて神輿のほうであるが、富岡八幡さまの水かけ神輿まつり、結構な頻度で出かけている。たまに私にも命中し、濡れてもいい格好で出かけるほど居直った。カメラだけは無事に守り抜くことが使命だ(笑)。最近は知恵がついて、遠くから望遠で抜くことを覚えた(笑)。
 そして今回お邪魔したのは神田祭の神輿渡御だ。江戸の名物とまでも言われた祭りであり、大黒さまとスクナヒコさまをまつるものでもあるはず。近年は将門さまの慰安も兼ねているという。秋葉原の電気街とは真逆の時代装束で練り歩くそのミスマッチな感覚が東京の祭りとしては意気である。
 そんなわけで今回は撮りためたいくつかのお祭りの写真も掲載してお開きとしよう。どうやら今回は、アップの際のわたしの操作ミスで、ドタバタしていて、文章も二転三転してしまった。訂正箇所が直ってなかったり、差し替え文が消えて元の推敲前の文章に戻っていたり、すこしドジな部分が出てしまった。そんなこんなのブログだが、お読みいただき感謝である。次回は、ひさびさの「帰ってきた写真ギャラリーめぐり」と考えている。あくまで予定だが。ではまた。

イギリス館とバラと青空
2017 05 19_0081_edited-1.jpg

橙色・黄色系のバラ
2017 05 19_0122_edited-1.jpg


青空とイングリッシュガーデン
2017 05 19_0052_edited-1.jpg




伊勢神宮の舞楽・『迦陵頻』
10DSC_0206.jpg

熱田神宮の舞楽・『抜頭』
30DSC_7143.jpg


富岡八幡宮のみずかけまつり
28IMG_0961.jpg

鎌倉まつり・流鏑馬神事・鶴岡八幡宮
9DSC_6079.jpg


神田祭・神田明神・神田駅前
2017 05 19_0238_edited-1.jpg

伊勢神宮・川曳き
40IMG_357.jpg

伊勢神宮・陸曳き39IMG_3818.jpg















nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

44 私流よこはまの花便り11-黄金週間編- [写真 自然]

 これを書いているのが28日である。つまり世間は明日から連休ということになる。恵まれている方は、いろいろな休みを使って、長期休暇を取る人もいるであろう。販売業、飲食業、パブリックサービスや休日出勤、事務なのに取引などで時差の関係上、勤務の方々は本当にご苦労さまである。きっと苦労は報われるはずである(気持ちくらいはそう思っておこう・笑)。このブログはがんばる人の味方である(がんばれ!)。この一週間、どこに行ってもこの話だったので、ここでもあえて取り上げてみた(笑)。芸の無いブログですみません(冷汗)。
 カレンダーは人それぞれでも季節は皆に平等にやってくる。陽気に誘われて出かけるひと、なにも連休が取れなくても、期間中、あるいはその前後に1日ぐらいは休日があるはずだ。布団干しや洗濯も勿論大切である(笑)。それを手短に、手早く終えてしまった人はどうするのか? そんなときはのんびり公園に行ってみるのがお薦めだ。東京や神奈川の人には、港の見える丘公園の花が見頃であることをお伝えしておきたい。
 というわけでいつものお花のご案内である(落語のマクラネタっぽい導入部でスミマセン)。先に述べたが、港の見える丘公園の西洋式庭園もバラ園も花が見頃である。またここも含めて、元町公園、イタリア山庭園などの若葉が黄緑色でまぶしく、鮮やかである。そんな写真を順に載せていきたい。
 アメリカ山庭園の八重桜はもうおわりに差し掛かっている。それに対して、先に述べた港の見える丘公園は花が真っ盛りである。しかし園芸品種によわいわたしはキレイとしか書くことが出来ないのが残念。そして港の見える丘公園の展望台からは大桟橋を望むと青空と客船、マリンタワーが見えた。いつもながら良い風景である。
 特筆すべきは、その展望台前の特設花壇である。「ハンギングバスケットの丘」と名付けられたその場所には、西洋館のミニチュア模型とそれに似合った可愛い草花が植えられている。普段見ることのない展示物だけに驚いた。良く出来ている。時間の都合や疲れた方は各館を見て回れない時に、ここで全てを一目するというのはどうだろう(ダメかな?)。
 そしてその場を離れ、イギリス館と111番館の間にはまたフレンチラベンダーが植えられている。そこに集まるミツバチと今年も遊んでもらった(遊ばれているが正しい?)。紫色のラベンダーは美しく、そこに集まるミツバチは花粉団子を沢山足につけて、忙しそうに動き回っていた。この時期の働き蜂は小型のものが多い。身軽なうえに、取れる花粉もまだ少ないので、動きが速くホバリングを撮影するのにも敏捷性が求められる。それが不得手なわたしにも、なんとか作品になりそうなもの数枚は撮らせていただけた。ミツバチ君に感謝である。
 残りの二枚は元町公園付近だ。ひとつはエリスマン邸玄関先からベーリックホールを眺めたところ。新緑の蛍光色にさえ思える黄緑がまぶしい。この時期のみどりの香りほど心地よく、清々しいものはない。特にツツジやサツキ類の香りは植物の、いや自然満喫の香りを楽しめる。もう一方は聖公会(イギリス国教会・アングリカン教会とも言う)なのだが、この構図、聖公会のは自分では印象派のモネっぽいと自己満足している(お馬鹿さんである)。そしてベーリックホールのものはアールヌヴォーやアンリ・ルソーっぽいって、重ねて自己満足している(なんとかにつける薬はない?)。特に今シーズン、聖公会と外交官の家はお化粧直しをしたばかりなので、キレイである。
 さてサクラの次は新緑、山手の丘は今が一番楽しい、美しい時期である。まとまった休みが今年は取れなかったというひとは、めげないで、東京の人なら電車で一時間とかからない横浜はいかがだろう。神奈川の人も、勿論だ。
 ちなみにわたし自身、遠出することもなく、近場でこのGWは過ごす予定である。都内や横浜、近県をぶらつくだけで、しかも空いている日、自由に出来る日もそんなに多くない。でもなぜか山手の丘や写真ギャラリーをぶらぶらしているだけで楽しくなる。来年は遠出出来る人もいるかも知れない。そんな来年に願いを込めながら、今年は近場で休日ぶらぶらしてみよう。ここ三年ほど関東を出ていないわたしからすれば、意外に身近に楽しいことは落ちている事もあったりする。図書館、美術館、デパートのイベント、食べ放題、そしてわたしのような写真ギャラリーや公園、植物園をめぐることも良いのではないだろうか? 単にわたし自身への、自分への鼓舞、慰めと思っていただいて結構だ(笑)。
 ではまた。シーユー。

おまけ
五十歳を前に引退して養蜂家になったシャーロック・ホームズの話『最後の挨拶』がウェブで読めます(もちろん無料)。著作権の切れた原書からの翻訳をしてくれているサイトです。
http://www.221b.jp/



アメリカ山の八重桜
IMGP0757.jpg

イギリス館とバラ園(ただしバラはまだ少ない)
IMGP0760.jpg

111番館の模型
IMGP0770.jpg

イギリス館の模型
IMGP0773.jpg

234番館の模型
IMGP0777.jpg

エリスマン邸の模型
IMGP0785.jpg

べーリックホールの模型
IMGP0790.jpg

外交官の家の模型
IMGP0795.jpg

ブラフ18番館の模型
IMGP0802.jpg

特設花壇の全景
IMGP0803.jpg

港の見える丘公園展望台からの眺め
IMGP0806.jpg

山手聖公会
IMGP103520p.jpg

新緑に縁どられたベーリックホール
IMGP103920p.jpg

ホバリングのミツバチ(遊んでいただきました)
bee.jpg
nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

43 写真、映画と絡めた音楽所感(思い出話) [世間話 イベント]

 最初にマッカートニーのレコード(あくまでCDではない)を手にしたとき、タイトルはビートルズのバラードベスト20(『』をつけないのは正確なタイトルか否か自信が無いため)という再編集されたセレクトアルバムだったと思う(一緒に『幸せのノック』のシングルも買った気がする。あとニュートンジョンの『ザナドゥ』とイーストンの『モダンガール』も)。レノンが倒れたのをきっかけに、どんなものかと真面目に聴いてみようと思った。ビートルズの曲は街角やラジオなどからいつも耳に入ってくる。しかし向き合ってオーディエンスとして聴いてみようと思ったのは、この時が初めてだった。したがって、レノン目当てでのスタートであった。
 ところがこの中の美しいバラードの曲で、特に自分好みの曲がほぼマッカートニーの作品だった(もちろんレノンのものもありました)。『フォ・ノー・ワン』、『ミッシェル』、『ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア』、『イエスタディー』、『シーズ・ア・リビングルーム』などである。でも『悲しみはぶっ飛ばせ』や、『アクロス・ザ・ユニバース』なんていうレノンの曲も好きだった。
 ビートルズはオリジナルアルバムを聴くのが大切と、多くの音楽雑誌で言う。イギリス盤のオリジナルアルバムなら『ラバーソウル』とデビューアルバムの『プリーズ・プリーズ・ミー』がお気に入りだ。理由を述べるとまた長くなるので割愛する。
 決定打になったのが、東京のミニシアターまで見に行った映画で、スピルバーク監督作品の『抱きしめたい』である。本来、曲のタイトルのほうは『I want to hold your hand』だが、映画のタイトルのほうは歌詞と同じ『I wanna hold your hand』である。日本語タイトルは『抱きしめたい』で同じでも、原語表記だと微妙に違うらしい。英米のアクセントの違いか? と書いてある評論を見たこともある。ちなみに当時のビートルズの日本語タイトルをつけた主要メンバーのひとりは、東芝のレコード部門にいらっしゃったクラッシック・ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんのお父様なのだそうだ(ちさ子さん率いる十二人のヴァイオリニストだったかな? 数年前は良くCD聴いていた)。
『未知との遭遇』や『E.T.』で一躍有名になった監督が作った初期作品の青春コメディー。これが最高に面白かった。彼らの音楽を混ぜながら、アメリカでのビートルズ人気のすごさを笑いで紹介してくれる。最後はエドサリバン・ショーのシーンで幕を閉じるストーリーだ。
 実はこの映画を見なかったら、ここまでのファンにならなかったかもしれない。だからわたしとマッカートニーを結ぶ接着剤のひとつ、おおもとは、スピルバークの映画作品ということになる(ほかには、小さなところで、三省堂の英語の教科書の教科書ガイド。「知っていますか?」のコーナーに載っていた。そして当時流行ったYMOのアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイバー』に『デイ・トリッパー』が入っていたことなど)。
 そこから先は、勢い増して片っ端から聴き始めた(当時はやりだったフィルムコンサートにもいったっけ)。同時期に活動休止状態だったウイングスのアルバム『スピード・オブ・サウンド』や最新だったソロアルバム『タッグ・オブ・ウォー』がお気に入りとなる。前者では『心のラブソング』、『幸せのノック』などが好きだし、後者は『ボールルーム・ダンシング』、『ドレス・ミー・アップ・アズ・ア・ラバー』、『ワンダーラスト』、そしてスティービー・ワンダーとの共演『エボニー&アイボリー』である。『エボニー&アイボリー』はテイク違いのものがあり、その45回転LPサイズシングルは、駅まで自転車で三〇分、一時間に一本しかない電車に乗って二〇分掛けてたどり着くレコード店へと買いに行ったものだ。何せ田舎ライフを満喫していたので(笑)。マイケル・ジャクソンとの共演『ガール・イズ・マイン』を買いに行ったのも、正確ではないかもしれないが、おおよそこのころだったと思う。そういえば、マッカートニーの作品の主要なテーマのひとつも田舎暮らしだった。
 1987年、ほぼ全てのビートルズオリジナルアルバム、イギリス盤(通称EMI盤)がCD化される。『マジカル・ミステリー・ツアー』のみアメリカ盤(通称キャピタル盤)だった。ジョン・レノンのドキュメンタリー映画『イマジン』も公開され、マッカートニーよりもレノン関連の話題がこの頃は多かった。わたしの心も少しレノン寄りに傾きかけた(笑)。
 学生時代、オーディオ関係のアルバイトをしていたため、クラッシックを聴くようになる。お客さんの話について行けないと困るため、『FM fan』などで知識を得ていた。
 もともとはシンフォニーに惹かれていたのだが、歳をとるごとに、音の厚みよりも繊細さを好むようになり、室内音楽やピアノ、ギターの独奏曲(最近のクラッシック・ギターならアナ・ヴィドヴィッチや村治佳織さんかな。ほんとたまにだけど聴きます)がお気に入りになった。オケのような音の塊の中で微妙なバランスを聴き取るのも良いが、安らげる音階や旋律に音色の楽しみがあることに気付いてしまった(でもいまでもオケの曲もたまに聴きます。それはそれで荘厳、壮大で楽しいのです)。
 用事で銀座の中央通りや表参道を青山方面に歩いている時、ピアノメーカーのショールームで、デモ演奏に出くわすと得した気分になり、寄り道して中に入ってしまうこともある(要はそれくらい好きと言うことである)。だから作曲家で聴くと言うよりも旋律と楽器の音色を楽しむといった方が正確である。したがって蘊蓄を知らないのはそのためである。
 ジャズもほぼ同時期である。新宿のレコード店でアート・ペッパーとレイ・ブライアントのCDを安価で手に入れてから、この二者の虜になった。やはりクラッシックと同じく、蘊蓄は分からないのだが、音の良さがしみる録音だったためだ。そしてグレン・ミラー風のビッグバンドジャズ(17ー8人編成のジャズバンドで、1930年頃までは、ジャズはこの形態が主流だったはず。現在は別名で、このビッグバンドジャズをスイングジャズともいう)というより、トリオ、カルテット物が好みである。正確にはビッグバンドジャズを詳しく知らないからだ。どの角度から入ったら良いのかわからないというのが本音。きっと分かると楽しいのだろう(スーサの楽曲を良く聴くのだから、似たような編成のビッグバンドジャズの音色は受け入れられるはず)。
 ペッパーの盤はウッドベースと金管楽器のからみの美しさ、ブライアントはライトタッチでホンキートンクのような、聴きようによってはチェンバロにも思えるような音色を出せる技に魅了されてしまった。まあ、理屈ではなく、要は聴いていて心地よいのである。
 他にクラッシックでは今出てきたチェンバロ(古楽器というらしい)やパイプオルガンの音色も好きである。前者はバッハを思い浮かべるが、バッハのすごいところは、ピアノであれ、チェンバロであれ、ギターであれ、フィドルであれ、みんなバッハに聞こえるのがすごい。そういう音の造り、旋律、時代性なのかなと勝手に思い込んでいる。後者は空気のシンセサイザーと思っているのが、わたしの感想である。ストップという切り替えスイッチでいろいろな音を出すことが出来る。曲によってはカッコーだって鳴き出すのだ(笑)。
 さて話を元に戻すと、レノンの最後のアルバムを撮影したのは篠山紀信さん。マッカートニーのアルバムの綴じ込み冊子などは先妻で写真家のリンダ・マッカートニーの作品が見られる(以前botにも出したが旧姓リンダ・イーストマンなので、イーストマン・コダック社との関係を指摘されていたが、本人は完全否定をしている記事を何度か目にしたことがある)。89-90年のマッカートニーのライブツアーのパンフにはリンダの作品が載っている。ディラン、リンゴ、レノンのポートレート作品に交じって、フォギーな木の写った風景写真も載っている。ニコンFを使うリンダの写真も載っている。ちなみに映画『ハード・デイズ・ナイト』の中ではポール所有のペンタックスのカメラをリンゴが借りて、散歩に出かけるシーンもあった。やはりカメラは日本製が多いのかな?
 娘のメアリー・マッカートニーは現役の写真家である。マドンナなどの撮影でも知られている。しかも結構なべっぴんさんである。コンタックスやライカを使っているところを写した写真を見たことがある。母の跡を継いでミュージシャンの写真を撮り続けている。たまにネットでロンドンなどでの写真展のニュースを見るのだが、私が見てみたい写真展はあまり英国外ではやらないように思えた。(わたしが知らないだけかも知れないが)。
 仲睦まじいポールとリンダのソロアルバムの写真などを見て、音楽を聴くと、こころが晴れる。音楽と写真を愛したご夫妻だった(シンパシーを感じる・笑)。『幸せのノック(Let'em in)』のように、のんきで気軽な、気の置けない人々を、仲間はずれのない優しい雰囲気で迎え入れる身近な生活を歌うマッカートニーに魅了されて、おおよそ35年ということになるわけだ。七十を超えても、ステージで動き回るマッカートニーもすごいなとあらためて思う。自分がその歳になった時には、現役という意味では、こんな七十代にとなるべく、あやかりたいものである。ではまた。

写真は2015年のステージの撮影である。十二弦ギターを弾いているので、『アナザーデイ』を演奏中の時と思われる。後ろは愛用の日本メーカーのピアノ。欧米のポピュラー音楽のアーティストは、宣伝効果を見込んで一部カメラの持ち込みOK、撮影後スチール写真の個人サイトへのアップOKが多い。良い時代になったものだ(動画はだめみたいです)。
(画像はちゃんと持ち込み検査も受けて、許可をいただいたカメラで撮ったもの。しかも個人の趣味のブログなので、アップOKとアナウンスに見合っているため、ルールに従いアップしました)

paul12guitarp30.jpg


こちらは2017年ドーム初日のもの。今回はアコースティックギターの活躍が目立った。半音進行のコード循環から『ユー・ウォント・シー・ミー』へと移ったり、『ラブ・ミー・ドゥー』などのナンバーもこのような編成スタイルでプレイした。妻ナンシーさんへの曲『マイ・ヴァレンタイン』も落ち着いたジャジーで良い旋律のピアノ曲だった。
paul20170425acg.jpg
nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

42 私流よこはまの花便り10-シリーズ「サクラと青空」編- [写真 自然]

 わたしの好きな被写体の中で、比較的おとなしめながら、タイミングの難しいものとして「サクラと青空」がある。もともとフィルムのころから青い空を写すのが好きで、わざわざT64なんてタングステンフィルムを使って撮った頃もある。だが結果的には、自然の青空と絞りの調子で写すのが一番キレイなんだと最近は思っている(今のところ)。
 サクラの咲く時期の気象条件を考えると分かると思うが、「花曇り」という言葉があるように、不安定な天気になりやすい。寒気のみの乾いた冬の空気の中でなら晴天の日が多くなるが、南風の入る日が多くなるこの頃になると湿った空気が運ばれる。その日がどちらなのかによって青空が撮れるのか否かが分かる。とりわけ咲き始めの頃は比較的撮りやすいが、満開や花吹雪の時期になると曇天の確立が高くなる。春の陽気になるからだ。晴れていても、霞がかかったように水蒸気や雲が入り、F値を絞っても青が出にくくなる。
 さすがに長年撮っていると、状況が分かってくる。晴れていても、青の出にくい空の時期どうすれば良いのか。答えは早朝である。遅れても午前中である。毎年サクラを撮っているのに青空に出会えないと嘆いている方は、朝一番の空で確認して欲しい。朝靄さえなければ、サクラの時期でも十分に青が表現できる機会に出会えることが多いはずだ。わたしはこれを自分勝手に「朝飯前」ならず「昼飯前の青空」と名付けている。おまけに朝だと風も少ないため、植物の撮影には輪を掛けて適している。今日もそうだったが、午後は強風が吹き荒れていた。その時間にはもうわたしは撮り終えていたので、なんの問題も無かった。
 では本日の成果である。横浜公園の名物チューリップが並び始めた。水やりの直後のものを一枚アップしておこう。次に氷川丸前のしだれ桜、最近はこのサクラも有名なようで、ここで撮影するひとも増えたように思う。綺麗なものは皆がいいと思うのだろう。これも青空を背景に出せた。
 マリンタワーとサクラも青空で撮れた。ただしこの場所のサクラは個体差があり、まだ三分咲きのものもあれば、六分、七分までいっているものもある。いずれにせよ、週末から来週が満開の見頃を迎えそうだ。
 山手の丘に上がって、谷戸坂の桜並木は七分咲き程度、エリスマン邸や聖公会付近の元町公園は五分といったところ。ただしエリスマン邸裏手の八十番館遺跡前にあるサクラは八から九分咲き、満開に近い状態だった。その様子はアップしておく。
 続いてサクラの天井が出来る山手公園の六十八番館テニスクラブ棟前は六から七分咲きだが、角度によって綺麗な青空といっぱいのサクラを撮影できる。日向の枝は皆他より早く咲き誇っているようだ。ここも絵を描く人たちが多く見受けられた。やはり綺麗なものは皆がいいと思うものなのだ。
 所見としては、もうサクラを見に行くのであれば、問題なく見られる。タクシーを乗り付けてサクラを見に来ている人も今日は随分見かけた。山下公園や山手の元町公園はサクラ日和となった。あとはアメリカ山の里桜、八重咲きが気になりはじめ、それが終われば、イギリス館前のバラである。気持ちも明るくなる季節が到来といったところだろうか。
 ちなみにひとつだけお断りしておくと、山野草と違い桜は様々な交配品種があり、わたしは品種そのものはほとんど知らない。端的に言えば詳しくは述べられないのであしからず。種類も気にせず、ただ画になるか否かだけで撮影している。
 今回は青空がキレイに出てくれたものが多かったので久々にピクスタにも並べようと思っている。満開の時期にも青空に出会えると良いのだが、そこは自分のスケジュールや天候との組み合わせ、ままならないのが世の常である(笑)。
 おまけのお話だが、わたしはかつて鶴岡八幡宮の外郭団体である槐の会主催の写真展において、第三回鶴岡八幡宮宮司賞を受賞、いただいたことがある。芳賀先生の紹介文もいただけて大変名誉なことだった。鎌倉の街角に自分の作品のポスターが沢山貼られていて、少し照れてしまったことを思い出した。
 第十回を迎えたその写真展の今年の応募チラシに、今回は歴代の受賞作品九点が掲載されている。勿論拙作も掲載されている。わたしが賞をいただいた頃は、後援が教育委員会と観光協会、神奈川新聞だったが、その後順に写真プリント店や全国紙など多くの応援も増え、力強く発展、嬉しい限りである。八幡さまの社報やカレンダー表紙にもしていただき、いまでも大変感謝している。
 そんなわけで写真展応援の意味も込めて、期間限定でこのブログにも受賞作品を公開しておく(公に出すのは何年ぶりだろう?)。この写真展参加費は、自然保護の協力金にもなるので、ぜひ皆さんも腕試しや腕自慢を兼ねてご応募いただきたい。この時期、段葛や源平池のほとりもサクラで美しいはずである。写真を撮りに出かけてみてはいかがかな。『四季の鶴岡八幡宮』が写真展のタイトルである。興味のある方はお調べいただきたい。今回は沢山の画像(写真)でいっぱいの回となった。いつになく写真のブログらしい。ではまた。

IMGP0593p10c.jpg

IMGP0614p10c.jpg
 
IMGP0653p10c.jpg

IMGP0710p10c.jpg

IMGP0735p10c.jpg

IMGP0745p10c.jpg


第三回鶴岡八幡宮宮司賞受賞作品『扇を放つ-流鏑馬神事』
DSC_4390p10.jpg
八幡さまの社報とカレンダー
P4060034.JPG




MasamiNARUSE Petit Photo-Exhibition
-Admiring the beauty of nature-
『木の花咲く、照り花揺る場所』
<開催期間> 2017年4月1日-4月15日
<開催場所> カフェ ポーポキ
〒112-0004   
東京都文京区後楽2-16-7
定休 月曜日と第四日曜日
時間 火曜-金曜 7:30-10:00 11:30-16:00
    土日祝   12:00-18:00

お越しいただいた皆さん、ご来場ありがとうございました。
現在は『植物園花色衣・横浜花色衣3』と『横浜に宿ったヨーロッパの風景と生活2』を思案中です。
またその時はよろしくお願いします。


nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

41 私流よこはまの花便り9-あんずもすももも西洋館編- [写真 自然]

  春になるとまず動き出すのは、人間だけではない。とくに目につくのが鳥。ウグイスやヒヨドリ、そしてメジロである。赤いほっぺのヒヨドリやその名の通り目の縁が白いメジロ、春の美声を聞かせるウグイスは、いわゆる留鳥。越冬して、その辺に潜んでいる鳥らしい。暖かくなって姿を見せるようだ。
 わたしも最近知ったのだが、ウグイスの身体の色はいわゆるうぐいす色ではなく、くすんだ黄緑色なのだそうだ。それを知ってすぐに図鑑で調べたところ、全くもってその通りであった。しかもその図鑑には、ウグイスはあまりウメの木にとまることはないと記されている。藪の中に潜んで姿を見せないらしい。つまり私たちのお決まりの知識である「ウメにウグイス」はほとんど見られないということらしい。うーん……感慨深い。
 そんなわけで、一分咲きの伊勢山皇大神宮の手水舎の上のサクラで蜜をすするメジロを撮ったのでアップしてみよう。桜の季節が徐々に近づいてくる。嬉しい限りだ。今回はあっちこっち用事のために出かけて、終わったのが午後二時。その後の午後二時過ぎから横浜の中心部を回ったので、時間短縮も兼ねてバスで山手までは向かった。それでも午前中からの分も含めて、トータルすると七キロ超のウォーキングになった。かなり足にきた。明日は大人しくしていようと思った(笑)。何かのウエブサイトでみた地口のような、若者は「アイシタイ、コイシタイ」らしいが、わたしぐらいになるとそろそろ「アシイタイ、コシイタイ」という文言が本音だ(笑)。本日のわたしは全く以てその通りになった。
 港の見える丘公園のバラ園は、まだバラの季節ではないが、花で満ちあふれていた。パンジーやマーガレット、ほかにも春の花々が沢山出迎えてくれた。イギリス館のまわりも人で溢れていた。人なみが切れるのを待って、角度をつけて一枚とったのでそれもあげておきたい。すれ違った観光客のグループが、「バラの季節になったらもっと混みそうだな」と会話していたが、心の中で頷いていた私だった。
 西洋館と花々はとても似合う。今回はどこの西洋館も『garden necklace』と冠した花のイベントの看板を入口に掲げていた。そんなわけで、今回は山手資料館とすももの花、ブラフ18番館とあんずの花をおさめた画像も載せておきたい。
 そして18番館の脇、石川町駅に向かう階段にはシャガの花が咲き乱れていたので、一輪、風がやむのを待っておさめてみた。アヤメの仲間であるが、これだけの群生で見られるのはうれしい。大磯の城山公園や茅ヶ崎の里山公園の近くで見たことがあるが、野草が横浜のど真ん中で群生しているのは素晴らしい。植生したのか、もともとの在来種なのかは知らないが、野の花の可憐な咲き方には笑みを浮かべずにはいられない。そんな数時間のみどりの時間だったが、石川町から今回は帰路に就いた。あと一、二週間のウチにサクラ(ソメイヨシノ系)は見頃を迎えるはずだ。
 天候にも恵まれたせいか、人出の多い土曜日となった。最近は、整理整頓に追われ、屋内で過ごすことの多い毎日、他の用事で久々に外出できたのだが、やはり山手の花が気になって行ってしまった。熱心なのか、お馬鹿さんなのか、最近は判断しにくい自分の行動も含めて、春なんだなあと実感した。
 四月以降、これからはしばらく横浜の花散歩が続きそうである。それにしても今日のメジロは人なつっこかった。あんな近くまで来てくれたことはない。大口径を持って行っていれば、もう少しピントも描写も、よりどんぴしゃな、かりっとした画像になったはず。だが大きなレンズを抱えて、別の用事を足しに行くのもおかしなものであるから、そこは諦めるしかない。考えてみれば、軽めの機材とは言え、交換用の望遠レンズも含めて日常持ち歩いている時点で、お馬鹿さんの類かも知れない(笑)。……疲れた。ではまた。


zIMG_4555p10.jpg

zIMG_4599p10.jpg
 
zIMG_4619p10.jpg

zIMG_4635p10.jpg

zIMG_4647p10.jpg



nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

40 一般的な機材の話3 -一冊の本からのカメラの思い出話- [写真 本]

 遂に四十回。2014年からお目にかかったこのブログ。当初はギャラリーや展示を中心のご案内で始めた。最近は被写体や自然に関するもの、ひいては浅学計り知れない機材の話を、一般のレベルでお話ししている。今回もそのとても浅い知識でご披露する機材の話である(したがって、たいした話は出来ない)。お暇な方とそこそこ興味のある方と、通りすがりのネットサーファーの方はお読みいただきたい(笑)。三月はいろいろと忙しくなりそうなので、早めのアップである。これは三月分の記事である(後半に時間が出来るようならもうひとつアップしたいところだが、どうかな?)。
 二十代のころに、いつも眺めていたカメラの本がある。『中古カメラ実用機買い方ガイド』というCAPAの別冊だ。最近、荷物整理のため本棚から出した。懐かしかった。この本を、いつも寝そべりながら、眺めていた時代がある。カタログ形式のページ・レイアウトで、過去に発売された35mmサイズの一眼レフとその諸元や中古市場の状況などが事細かに書かれた本だった。すでにオートフォーカスの時代に入っていたのに、『今度はこのカメラがお小遣い程度で手に入るかも』などとMF一眼レフの購入を考えていたころだ。
 旧大井町ならEMというカメラが、この本をたよりに買ったMF一眼レフカメラだった。発売期間後から約十三年後の中古品だ。それまではお下がりのFE(こっちほうが上級クラスです)を使っていたのだが、どうしても「リトルニコン」がほしかった。F3ジュニアと呼ばれていたからだ。このカメラ、半分オートで取れるところも、当時若者(子ども?)だった私には魅力だった。いまならマニュアル露出計での調整のほうが楽なのだが、当時はそれが億劫に思えていた(不思議だ)。
 昔中高生のころ、ショールームで燦然と輝いていた、かのカメラが、そのころも色あせず、私の瞳に焼き付いていた。そして次にFE2を入手した(その後本稿既出のF3へと続く)。二十代の若者が自分で買えるようになって、旬が過ぎたとはいえ、2000年手前のころ、あこがれていた機材を安価で使うのが楽しかったのだろう。この購入した当時、完全に業界はオートフォーカスが主流だった。コンパクトの分野ではデジタルも当たり前の頃だ。そのためしっかりした金属のつくりにもかかわらず、EMやFE2は完動品でもBクラスなら一万円でおつりがくる値段で、中古店のショーケースに並んでいた。本当にお小遣いで買えたのだ。良い時代だった(笑)。
 この本にはヤシカや京セラ、コンタックスなどの今はなき国産カメラ機種も掲載されている(さすがにトプコンまではない)。残念なのは私がお気に入りだったフジカのジェイシリーズの一眼レフは載っていなかった。フジカは富士フイルムの一眼レフブランド名で、珍しいものが好きだった私はいつもそれを探していた。結局手に入れることはできなかったが、645は富士のGAシリーズを長く使わせてもらった。レンズ交換などはできないが、写りのいいカメラだったのを覚えている。接写リングで近接撮影も可能だった。もうやり方を忘れてしまったが、フィルムの装填も他の中判カメラより楽といわれていた(私は他を知らない)。
 余談だが、この当時コンパクトも富士を使っていて、F100fdという機種が気に入っていた。理由は単純で「美術館・博物館モード」という撮影モードが備わっていたからだ。わたしにぴったりである。通常あまりプログラムモードを使わないわたしだが、この機能だけは別で、説明板を写すのによく使っていた。
 カメラがデジタル化する際に、業界がまだ選びあぐねいていた時期がある。当時の雑誌の知識を思い返すと、現在のような筐体ごとモデルチェンジする方向と、データパック型によってカメラのフィルムのスペースに、装填して撮像素子をフィルム面に充てる方法が考えられていた。もし後者に進んでいたら、「いまも中古市場でニューF1やF3、LX、OM3、X-1なんてのが、高値になっていたのかなあ」などと、たまに思うことがある。それは中古店で、ジャンク品コーナーに並ぶそれらの旗艦機を見た時だ。
 でもそうならなかったおかげで、結果として、私はEOSシリーズの優秀なフォーカスセンサーを知ることになったし、復活したKシリーズのタフなボディに出会えた(これ最高!)。だから自分にとって時の流れは正しかったということになる。それがいまへのプロセスの整合性である(笑)。
 EOSなら最近まで7D(これはデジカメなので、かの本にはさすがに載っていません)を使っていた。使い勝手もよかった。7Dは本当に私のお気に入りだった。ただしいまは少し軽めのひとランク下のクラスにAPS-Cを変えている。長時間の自然散策の際に、今の年齢に適しているからだ。妥協できない機能を最低限備えていてくれる軽いもの、それが今の私のニーズだからだ(でも決して7Dmk2購入計画を諦めたわけではない・笑)。譲れないのはペンタプリズムとミラーである。妥協というわけではないが、まあファインダー視野率は97ー98%あれば十分。どうせプリントしたら切られる。どちらが自分の必須アイテムかといえば、そのままのガラス越しのファインダーで植物を見たいのだ。色や影の具合をガラス越しの感覚で知りたいからだと思う(私ごときがこだわりを持ってスミマセン。たわごととスルーしてください・笑)。
 この手の話題に触れるときに気を付けているのは、あくまでここに述べた機材への感想は、個人的、主観的な考えであり、私の考えが決してマジョリティーではないと皆さんには言っておくことである(むしろダイレクトにマイノリティと言い切っても良い・笑)。最近の一眼レフの動向などはあまり知らないからだ。
 だが各メーカーさんが一生懸命に考案して、より良いものを作られていることだけは確かである。かつてNC両者の保持者が、互いに品評しあうなんてのもよく見られた光景だったが、旧大井町も旧下丸子も製品として素晴らしいものを作っているので互いに遜色など全くない。同じ予算でどこに力を注ぐかで多少の性能が変わる程度のことだ。自分にとっての必要な機能を持っている機種を買えば良いだけのことだ。私の場合は、フィールド撮影用、小ぶりな筐体、ペンタプリズムとミラー、絞りとシャッター速度のダイヤルがそれぞれ前後にあるもの、連写速度などが第一条件のような気がする。探せば他にも必要事項があるのかも……(急には思いつかない)。
 まとめよう。今回の本にまつわる所感でカメラへの愛着が思い出せたことを嬉しく思う。時を経て、この本を再び開いて感じたのは、自分が手にした機材が一番いい機材だということ。再確認である。値段、機能、メーカーや機種も大切だが、それを買うために努力して、悩んで、やっと手にできたその喜びこそ、私としては機材の話で一番重要なことであると思う。きれいごとだって言われてもいい。みんな自分の機材をそうやって手に入れているのだから、喜びや幸せや愛着を忘れずに使ってあげるのが一番である。少なくとも私は本気でそう思っている。春になって、私の愛機はシャッター回数が多くなる。私も幸せを感じる。いいスパイラルではないだろうか。
 自分で言うのも何なのだが、たいした知識もない私ごときが、機材の話を書くと変な感じだ(申し訳なさも含めて)。ネットの世界には、私など太刀打ちのできないような、すごい「つわもの」がつくるサイトがごまんとある。細かな知識はそちらにお任せすることが大切である。あくまでこのブログの機材の話などはたわごとであり、夢想家の酔狂世迷言のようなものと思ってすぐに忘れてほしい(笑)。ではまた。

P2260033p10.jpg


nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

39 私流とうきょうの花便り-植物園花色衣・早春編 [写真 自然]

 昨日雪が降った。真冬だ。そして「花便り」、今回は東京出張である(電車で横浜-東京は二十分強である。近い! 横浜市を北から南に移動すると二十分では着かない)。東京の小石川には植物園がある。ご存知東大の付属植物園である。この分園が日光市にもある。ここの本園、もともとは幕府の薬草園だったそうだ。そして青木昆陽がサツマイモの研究をした場所でも知られる。
 場所は地下鉄の茗荷谷駅や春日駅下車で行くことができる。神保町に職場があったころ、この先に部屋を借りていた。白山通りや春日通りなど、この横をたまに自転車でかすめていた。若かった(笑)。
 この植物園の梅園は立派なもので、紅白のウメの木が傾斜地の池の畔に林立している(ただし呼び名は「うめばやし」という)。どの程度江戸の街以前の自然を残しているのは知らないが、この植物園を一回りすると軽いハイキングをした程度の達成感と疲労感を感じる。自然の残された結構な規模の敷地面積があると思って良い。
 さて植物園の話を続けよう。ウメの花は素晴らしく沢山の品種が植えられている。わたしは園芸品種に詳しくないので、その辺は端折らせていただくが、古い建物や青空に映えるウメの花や木に愛着を感じた。その辺は写真を見ていただけば分かる。
 前回も取り上げた兄弟分のサクラについて、この植物園に茗荷谷駅から徒歩で向かうと播磨坂という桜並木の大通りを経由する。その中ほどに河津桜が一本だけあり、満開を迎えていた。その美しい花もアップしておきたい。
 また植物園の中央部奥にも大きなカンザクラがあり、それは旬を過ぎていたが、鮮やかなピンクの花が大きな房咲で出迎えてくれた。
 花自体はそれほど多い季節ではなかったが、スイセンなどは咲いていた。またフクジュソウも小さなつぼみをつけていたので、あと半月ほどで黄色の花を咲かせるのではないだろうか。そして椿である。今回撮ったのは白地に赤のマーブル模様のものだった。
 こう考えると、春もすぐそこまで来ているなという実感である。植物園の入場口からそのまま大きな道を進むと、舗装された道の終わりから、サクラの木が並木のように続いているので四月の初めのは、サクラ見物の人たちで賑わうことだろう。これらはソメイヨシノ系ということだ。またその手前、舗装された道の終点を右に曲がると、藤の木が多く植えられている。これもまた五月には多くの人たちに甘い香りを届ける場所になりそうだ。
 その先に今回写した夏みかんの木がある。植物園のものなので、そっと香りを愉しむ程度なら許されるだろう。
 本来はロウバイも美しかったようなのだが、ヒヨドリの食事なってしまい、今回はその美しい姿を見ることが出来なかった。時期的には一週間前がよかったようだ。
 一応、生涯学習のアドバイスとして、この植物園の展示エリアを挙げておきたい。薬園保存園、分類標本園、シダ園、ツツジ園、梅園、ソメイヨシノ林、針葉樹林園、萩園、クルミ科園、花菖蒲の池などがある。もちろん他にも挙げてはいないが、様々な植物が植生、栽培されている。園のほぼ中央部には売店もある。
 この植物園の温室は改修工事に入ってしまったため、今回は見ることが出来なかったが、新装オープンを愉しみにしたいと思う。
 早春のフクジュソウに会えたのが何よりもうれしかった。山野草ファンにとって、寒い時期、一番乗りのキンポウゲ科の黄色や白の花たちを見つけるといいことに出会えた気分になる(今回はつぼみだけど)。写真にはないが、この園ではフタリシズカにも出会えそうだ。フタリシズカは花よりも葉のほうが大きく、あまり花好きには人気がないが、山野草の雰囲気を持った草である。
 今回は前回に提示した通り、みどりの話を提供した。有言実行できた(つまらぬところで義理堅いとよく言われる・笑)。まだ早春ゆえ、咲いている花は少ないが、確実に春の温かさはそこまで来ている。あと少しだ。また近いうちに、横浜散歩の花たちも撮り歩きたいので、お暇があれば、このささやかなブログにお寄りいただきたい。

IMGP0498p10.jpg
満開の河津桜

IMGP0506p10.jpg
つぼみをつけたフクジュソウ

IMGP0531p10.jpg
園内のカンザクラ

IMGP0551p10.jpg
青空と紅梅

IMGP0571p10.jpg
椿


IMGP0578p10.jpg
夏ミカン

IMGP0543p10.jpg
旧東京医学校の建物と梅林

小石川植物園のHP
http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/koishikawa/



おにぎりせんべい大使 ?@onigiri_taishi ・(twitterにてPR中です)
「イースターパックが出るらしいです!
うさぎになってるおにぎり坊やとクリスティーヌちゃん可愛すぎる[目がハート][黒ハート]
みなさんぜひお買い求めください[☆]?」とのこと。
https://twitter.com/onigiri_taishi/status/831067097056710657

おにせんkaruta1webyou.jpg

nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

38 私流よこはまの花便り8-休息編- [写真 自然]

 久々に花を求めた散歩を再開することにした。最近のお伴の音楽はシーラ・ハルやアリソン・クラウスだ。春だからハルと言うわけでもないのだが、どちらも美声のブルーグラス系ということで、最近気に入っている。
 話は逸れるが、少し説明をいれる(たいした説明でもないし、さほど知りもしない)。ブルーグラスはアメリカのカントリーソング(独立ジャンルという場合もある)のジャンルのひとつである。日本ではそれほど有名なジャンルではない(好きな人はものすごく好きみたいなのだが、わたしはさわり聴く程度である)。アリソン・クラウスのカバーするマッカートニー作の「アイ・ウィル」に惚れてしまった。本家にも匹敵する出来だ。透き通るヴォーカルとスローテンポのアコースティックの雰囲気にとても癒やされる。ハルの「ベスト・バイ」は陽気な二拍子にフィドルが絡むディキシーランドジャズ風なのが楽しい。舞台や銀幕音楽に通じる部分もある。興味ある方はお試しあれ。
 ブルーグラス。大元のルーツは、十七から十九世紀のスコットランドやアイルランド、英国の民謡的フォークソングらしい。これは中世の居酒屋であるパブやイン(個人的には、この辺の文化史の方がまだ得意?)といった飲食店、村の広場、お祭りなどで居酒屋座付き楽団や旅楽団がバラッドに類するクラッシック音楽から庶民に降りてきた弦楽の音楽を歌い演奏したものという。のちにアメリカ移民たちはパーラーソングと呼ぶ。
 移民と一緒に十九世紀にそのスタイルがアメリカに渡り、カントリーフォークと結びついて現在の形になったそうだ。その中心だった人の故郷の地名とバンド名からブルーグラスというらしい。構成楽器は一般的には、フィドル(ヴァイオリンやその仲間)とコントラバス(ポピュラー音楽の時はウッドベースともいう)、バンジョー、マーチンギターD-28、マンドリン、ドブロなどで構成されている。楽器を見れば分かるが、コンプリートなアコースティックというわけで、音の造りだけなら一部クラッシックのトリオやカルテットに通じるものがある。ただしボーカルやバンジョーなどが入るので、印象はかなり違うものになる。角度を変えれば、ジャズの原型にも聞こえる(あくまでわたし個人の感想。音楽分野の知識に精通しているわけでもないので、あとは詳しそうな他人さまのブログやサイトで、乞うご確認)。
 また前置きがとても長くなった。本題に話を戻そう。さてそんなお伴をイヤホンで流しながら、横浜の街なかや山手の丘を散策である。
 梅の状況はまずまず。下の画像を見ていただくとわかる。ちなみに余談だが、伊勢山の桜の芽は、ほんの少し枝先が丸みを見せていたので、準備段階に入ったようだ。
 梅は桜と同様に「木の花(このはな)」と古来より呼ばれてきた。理由は簡単、木に咲く花だから同じカテゴリーだったようだ。現代の目線からいえば、見た目だけでなくバラ科サクラ属なのでそう考えるのも悪くない(ただ昔に博物学の図鑑的な種別分類などなかったけど)。
 だから記紀神話に見られる桜の化身であるコノハナノサクヤヒメノミコトは、マイナー説ではあるが、梅の花の化身とも言われることがある(一般には木の花=桜のほうが有力)。まあ、梅は天神さまや水戸の徳川光圀さまってイメージのほうが一般的である。
 主がなくとも必ず咲き誇れと梅の木に語り掛ける菅公の有名な和歌もあるくらいだし、偕楽園は三名園のひとつに挙がっている梅の名所だ。
 その後山手の尾根道に向かって珍しく汐汲坂を上がってみた。元町からフェリスホールの脇に出る小径だ。さすがに急こう配はゆっくり歩いた。その後ベーリックホール、元町公園を抜けて、港の見える丘公園までウォーキングをつづけた。……が、ベーリックホールも、港の見える丘公園も、バラ園もすべて整備の日でほとんど花がない。しかもむき出しの土が見えていて、植え替えを待っているような状態や水やりのために縦横無尽にホースが張り巡らさせていた。花たちにとっては休息日といったところだろう。また元気になった花たちを被写体にしようと、神社さんでいただいた節分豆をほおばりながら帰路に就いた。
 ここで初めて、なぜ今回の花散歩の前置きが長くなったかがお分かりになったかと思う。主題に沿った話題が少なくて提供できないからだ。また改めて、みどり満喫のお話を近いうちにお伝えできればと思っている。それまでポールやアリソンの「アイ・ウィル」を聴いて楽しむことにする。でも今聴いているのは、加羽沢美濃さんがピアノひとつで奏でる「花のワルツ」である(これがすごくいいんだ)。

注・最近のオフィシャルなものはシエラ・ハルとカタカナ表記されるみたいです。(念のため)


IMGP0463p10.jpg
IMGP0490p10.jpg


http://www.sierrahull.com/

https://alisonkrauss.com/
nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

37 私的で勝手な十九世紀考(少し真面目なお話3) [自然 文学 歴史]

 ビクトリア朝の英国を舞台にしたテレビドラマといえば、『シャーロック・ホームズの冒険』が有名であり、初見で1980年代初頭、十代のころに、一部私も見た覚えがある。数年前にも再放送をしてくれたので、記憶に新しい方もいるかもしれない。
 私にとってシャーロック・ホームズは、やはりジェレミー・ブレットである。本当はコナン・ドイルの原作では『緋色の研究(緋色の習作)』が第一話と聞くが、この英国グラナダテレビのドラマは未収録なのだそうだ。「美しき自転車乗り」、「斑の紐」、「赤毛同盟(赤髪連盟)」などは謎解きでわくわくしたのを覚えている。斑のひもは蛇だった。赤毛の高報酬求人はアリバイのためだった(と思う。あとで見直してみよう・笑)。
 ロンドンのベーカー街にはこのドラマのセットによく似たホームズの下宿先が資料館のようになっている(今もあるのかな?)。221番地Bという住所は本当はなかったと聞いたことがある(記憶違いの可能性もあるのだが)。でも丸い番地のプレートが建物の外壁レンガに張り付けられて、この住所表示をしていた。
 ドラマの中、暖炉の前で新聞を読むワトソンとパイプを吸うホームズのおなじみの光景はわくわくするものだ。ハドソン夫人の愛情や持ってきてくれる食事などにも当時の生活がうかがえる。またお茶と一緒に運ばれるお菓子やサンドウィッチが、「英国だなあ」などと感じた。レストレイド警部なども登場して、みればいつもの登場人物が揃う。
 もうちょっと書くと金融街のシティが登場し、フランスでの国際事件解決、ホームズの兄が高級官僚だったり、シーズン終わりの最終回で、宿敵モリアーティとスイスで滝つぼに落ちたシーンは心に残る名場面と言えた(あやふやな記憶のため一部違っているときは、スミマセン)。こう振り返ると、探偵ものも結構好きだったのかな? 機会があればまたゆっくり見直してみよう。
 こうした十九世紀の生活は、以前にも述べた映画『マイフェアレディ』、『ミュージックマン』やフランス映画で最近ミニシアターで見た『画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密』などにも描かれている。2006年公開の『ミス・ポター』も十九世紀後半から二十世紀初頭の物語だ。ちなみにモリゾは十九世紀フランス印象派の紅一点といわれることの多い画家である。印象派の相談役でもあり、兄貴分だった画家マネ。彼の弟と結婚した女性だ。実姉の夢を受け継ぎ女流画家として活躍した。ポターに関してはこのブログでは今更言うまでもない。
 ポール・マッカートニーの『No More Lonely Nights(ひとりぼっちのロンリーナイト)』のミュージック・ビデオに登場する回想シーンの舞台、衣装や馬車など、特定はできないが、この時代のように見えた(気がする)。自然散策とピクニックが流行したその光景が演じられているからだ。また彼は『ミュージックマン』の挿入歌『ティル・ゼア・ウォズ・ユー』をアコーステックな軽音楽風にカバーしている。これもいいのだが、ミュージカルアレンジのチェノウェスの美声もいい(シャーリー・ジョーンズ世代のみなさんゴメンナサイ。でも演技はシャーリーのほうがいいというあちらの評論を目にしたことあります)。どっちも甲乙つけられない。
 馬車やガス灯、鶏のように腰が出っ張った女性のドレス、シルクハット、ステッキと石畳の街並み。この時代のパリもロンドンもまるで映画に見る世界だ。湿板・乾板写真も(後付けだが、ホームズを見直したら、第一話は「ボヘミアのスキャンダル」で暗箱カメラ時代の記念写真が事件の発端となっていた)、いろいろな物語に登場するロンドン-エジンバラーを結ぶ超特急「フライング・スコッツマン」も十九世紀の名物である。十八世紀に登場したキュー・ガーデンも、このころには名所のように登場する。スコットランド・ヤードの名称が使われたのもこのころからである。わが国では1853年にペリーさんが来航と世界が少しずつ互いを知るようになったころである。そして1868年の明治維新である。
 現在も激動の時代で、日進月歩、世界や科学が進歩したり、変化する時代なのだが、十九世紀もそれなりに世界や科学が進歩していた時代といえる。そういった意味ではあの当時の新しく登場するそれまでの常識を打ち破ったアイテムや国交、芸術は現代に通じるものがあるのではないだろうか?
 なんで今回はこんな番外編を書いたかというと、先日横浜のイギリスパブで、フィッシュ・アンド・チップスを食べたからかもしれない。スモールサイズにしたのだがとてもおいしかった。食い気からのインスパイアと、なんともあまり高尚でない終わり方をするが、私のレベルなど所詮こんな程度である(笑)。そしておじさんになると楽しみなど、これくらいしかないのだ(再笑)。次回は久々の「私流よこはまの花便り」と行こう。ではごきげんよう。

「シャーロックホームズの冒険」準公式ファンサイト?(やっぱり、調べるとあるんだなあ) http://jeremybrett.client.jp/index.html

著作権の終わった原書からの翻訳をしてくれているサイトです。(もちろん無料)
五十を前に引退して養蜂家になったホームズの話『最後の挨拶』も載ってます。(必見!)
http://www.221b.jp/

モリゾの映画はこちらから http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1433928019129/pid_2.html

IMGP0092p10.jpg

IMGP2422p15.jpg


nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -