So-net無料ブログ作成

30 私流よこはまの花便り6 と中古カメラ店散歩 [私流よこはまの花便り]

 前回とはうって変わって、のんべんだらりと気ままなブログに戻らせてもらおう。主題の伴わないぼんやりした内容も好きだ(笑)。お気に入りのミュージカル挿入歌、「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」などを鼻歌して回るフランス山のバラ園。何が嬉しいって、念願の青空のイギリス館をおさめることが出来たことだ。このわたしの大きな喜びに、他人さまが過小評価に感じてもいいのだ。過去にここまで青空のイギリス館の画を手に入れることが出来たのは少ない。わたしの中では九十点以上の出来だ。
 この日はアメリカ山のヒマワリも、おてんとうさまと一緒にニコニコ顔で出迎えてくれた。とてもご機嫌な日となった。
 最近は鼻歌のレパートリーが増えて「アイ・クッド・ハヴ・ダンスト・オール・ナイト(邦題・踊りあかそう)」なども口ずさむ。わたしが歌うと、ちょっとこぶしがきいてミュージカルっぽくない(笑)。残念だ(再笑)。これはスタンダード・ナンバーなので、ヘップバーンの映画の吹き替えの人やチェノウェス、キャサリン・ジェンキンスのもの、新妻せいこさんのもの、ジュリー・アンドリュースのもの、インストゥルメンタルアレンジの『名曲アルバム』という番組のものもみんな好きだ。この手のいかにもミュージカルって言うアレンジに惹かれる。まあ、わたしの好みなどどうでも良いか……。
 花いっぱいの山手の公園を回っていると、先のミュージカルの二曲の舞台、十九世紀ロンドンのコヴェント・ガーデンの花き市場や、ほぼ同じ時代のアメリカ・リバーシティのシティホール近くの吊り橋のかかる庭園にいる気分だ。ある意味ではわたしは安上がりな男である。そんなわけで鼻歌も出てくるのだ。フレデリック・ロウとメレディス・ウィルソンに感謝である。
 実はブログを始めて三十回の記念すべき(?)記事だ。だからといってなにもない。普通に写真と文章で山手の公園の解説と、思いついたことを述べるだけだ。よくもまあ、へたくそな記事を発信してきたなあとだけ振り返っておく。少数ながらたまにniceをくれる方々には感謝である。
 また今回はエキストラ記事もつけよう。とても暑い日に東京へ行く用事があったので、帰りに(まだ午後の暑い時間)、以前なにかのテレビ番組でやっていたのを思い出して、等々力渓谷に行ってみた。確かに谷底は地上よりも涼しかった。岩肌からしみ出る湧水の下は小さな湿地を作っていた。湿性植物のシダ類が多くみられたので、上手くやれば貴重な湿原の植物が育つかも? などとわたしらしいアホな考えをしながら歩いてきた。実際にはいくつものハードルをクリアしないとそういうことは実現しないのも分かっているのだが、希少な野生植物が好きなので、そっちの方向の事ばかりである(笑)。渓谷の景色も数枚だけ撮ったので、それもおまけでアップしておこう。
 一時は諦めていた中古カメラ店めぐりを再開した(当然買うわけではなく、ウインドーショッピングだ。なぜか日本語にすると「ひやかし」と揶揄される言葉になる)。以前このブログでも述べたが、銀座や新宿は終日かけて回るほどあった多くの店も数えるほどだ。頑張っている店はそれなりにお客さんの信頼を得ている。そして買い替えをする際には、ちゃんと同じ店に戻ってきてくれるように努力をしている。売りっぱなしではない。べたべたではないが、頼りにはされるよい関係を築いているのだろう。カメラ店や写真店だって守りたい写真文化のひとつだ。
 話を戻すと、近年、デジタル家電店の中古カメラ売り場というのが多くなった。そこを回ると、結構な数があることがわかり、舞台は秋葉原近郊に変わった。…とはいってもこれらの店があるのは若者や免税関連の外人さんで賑わう秋葉原の中心地ではない。周辺地区に多い。場所的には、彼らとの棲みわけが出来てちょうど良いかもしれない。おおよそ御徒町や神田との境になる。ここでは岩本町や末広町を秋葉原に含めて許されるなら秋葉原と言おう。
 もともと秋葉原は学生時代にオーディオを見に行くことが多かったし、それ以外では年末に家電製品やパソコンを買う場所で、いまの若者のようにつるんで遊びに行く場所では無かった。もっというと幼少期は交通博物館である。わたしはそういう世代である。でも時代ごとに進化する街っていうのも良いかもしれない。街が元気というのは良いものだ。
 わたし個人的には、現在これらの店舗で売っている商品の商品名すら分からないので戸惑う。浅草橋で売られる人形とは違う人形が飛ぶように売れ、神保町でみるトランプやカルタとは違うカードが数多く売られる店々である。何に使うのか、どうやって遊ぶのかとんと見当もつかない。時折電子部品やパーツ、蛍光灯、オーディオパーツなどが売られる店の前を通ると「ああ健在なんだ」と嬉しくなる。きっと世代によって秋葉原のイメージは違うのかもしれないと感じた日だった。
 秋も近くなった。もう少しするとわたしの被写体は花から夜景に変わる。どちらも横浜を写す楽しみだ。だが秋が近いとは言っても、まだまだ暑い日もあるし、台風もある。みんなが楽しくいられることが一番である。いつもこのつまらないブログを読んでくれている皆さんが、健やかに楽しくいられるよう願っておわりにしたいと思う。三十回分の感謝とともに。


americayama2500p15.jpg
アメリカ山公園のヒマワリ
111bankan2589p15.jpg
111番館
igirisukan2517p15.jpg
イギリス館とバラ園
todoroki2477p15.jpg
等々力渓谷のゴルフ橋
todoroki2480p15.jpg
等々力渓谷
todoroki2482p15.jpg
等々力渓谷の木々
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0