So-net無料ブログ作成
検索選択

34 私流よこはまの花便り7 -紅葉編- [写真 自然]

 横浜は街を歩いていると気づくのだが、イチョウが多い。海岸通りから山下公園通り、日本大通り、バス通りの桜木町から本牧に向かう本町通りなどはみなイチョウ並木だ。昔、日本大通りが歩行者専用の通りだったころは、イチョウの木々をバックに、テニス(スカッシュだったかなあ?)をやる人が多かった。広い通りなのでちょうどよかったのだろう。ラケットやフリスビーの貸出業者の小屋もあったと思う。バブル前ののどかな時代の話だ。
 なかでも日本大通りのイチョウはひときわ立派なものだ。今回は旬を逃してしまい、すべてが黄金色の並木を撮影することはできなかったが、神奈川県庁とイチョウのショットや山下公園通りのイチョウとマリンタワーなどが撮影出来た。晴天にも恵まれ、ようやく撮影日和と出会えた。
 相変わらず、いつも通りに、歩道に落ちた銀杏(ぎんなん)の実をバキバキと踏みしめながら歩かせていただいた。もう少しすると、銀杏は果肉の部分が干からびて、中の食用にする殻が取りやすくなる。すると年配の方たちが、頃合いを知っているようで拾いにやってくる。「落穂拾い」ではなく「落ち銀杏拾い」の光景が街なかのここかしこでみられるようになる。
 今回は山下公園の氷川丸の前にあるバラ園に多くのバラが咲いているのに驚きだった。まあ、冬でも咲く品種もあるのは知っているのだが、晩秋の横浜であれだけ開花が多いと壮観である。
 その後脚力増進のため(?)、いつものように山手の尾根道を歩いてきたのだが、途中でいただいたパンフレット(チラシ?)には、西洋館恒例の世界のクリスマスという展示とイルミネーション点灯のお知らせが載っていた。楽しそうだ。
 一方桜木町のアーケード内では、チャイコフスキーをテーマにしたクリスマス展示も行われているようだ。あそこのツリーもきれいで、ドックガーデンの夜景と合わせて、昔はよく撮りに行った。
 夜景のきれいなシーズンである。横浜市内の各所は本当にイルミネーションでいっぱいになり、宝石や星空のようである。ロマンチックな冬の夜を素敵なお相手と見に行ってはいかがだろう。
 そして利発なカップルのみなさんには、ぜひO・ヘンリーの『賢者の贈り物』のようなお互いをいたわりあうことができるカップルになっていただきたい。老婆心。
 そんな多くの恋人たちがロマンチックな夜を迎えているそのころ、私はカメラを片手に、一人夢中になって、そしてまた場合によっては一脚、あるいは三脚を携えて、大桟橋や山下公園、三塔など、いろいろな場所をうろちょろしているかもしれない。時にレンズを変え、時にiso感度を考え、はたまた手もみカイロで温みながら夜景を写している。「頼みもしないのに、ごくろうなことで……」というねぎらいの意味ではないと思われるねぎらいの言葉をいただける予感がする(笑)。
 そんなわけでこの秋最後のイチョウや紅葉を写真でご覧いただきたい。今回はなぜか縦位置が多いが気にしないでほしい。そして青空を堪能してほしい。私の作品意図に青空は主要なテーマの一つである。ではメリー・クリスマス!

横浜公園の日本庭園にある木々の紅葉
IMG_4235p10.jpg
IMG_4264p10.jpg

日本大通りのイチョウ
IMG_4270p10.jpg




日本大通りのイチョウと神奈川県庁(キングの塔)
IMG_4285p10.jpg

山下公園のバラ園と氷川丸
IMG_4312p10.jpg

マリンタワーと公園通りのイチョウ並木
IMG_4323p10.jpg

ブラフ18番館と庭のイチョウ
IMG_4377p10.jpg



PC100525p10k.jpg


おにぎりせんべい大使のニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00000057-minkei-l24

おにぎりせんべい大使の記事・読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/local/mie/news/20161207-OYTNT50179.html?from=ycont_top_photo
nice!(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: