So-net無料ブログ作成

36 夜景・夕景の話 [写真 自然]

 十月も中ごろを過ぎると空気中の水蒸気が少なくなる。要は乾燥してくる。お肌には十分なケアが必要なのだが、夜景を写すには適するシーズンが到来する。晴れの日が多くなる十二月にもなると、空気もめっきり凛として澄んだきれいな夜景が写せるようになる。これは二月ごろ、粉塵が舞い始める春先の手前まで同じコンディションが続くので、写真雑誌などではよく夜景シーズンと題する特集をこの時期に組んでいる。ちなみに二月の中旬以降は、私は早春の花を追いかけるべく、また山野草の撮影に戻る。早咲きのヤマブキソウや二輪草、梅、ロウバイなどを求めて動き出す。
 夜景に話を戻そう。東京なら東京駅や新宿の摩天楼なども美しい。タワーやスカイツリーもいい。もし東京タワーを写すなら、世界貿易センタービルがおすすめだ。暖かい室内で三脚も許された撮影スポットなのだ。意外に知られていないようだが、貿易センタービルではアマチュア写真家ウエルカムのアピールをしているのでいかがだろう。特にご年配の方におすすめだ。
 前回の予告通り、横浜の夜景について少し述べたい。これぞ横浜というなら、やはりみなとみらいである。大桟橋や象の鼻パークなどに三脚を立ててビル群を写す人も多い。わたしも好きな構図だ。ほかにも三塔、赤レンガ倉庫、山手の西洋館群、中華街などを夜景で写している人は多い。
 またマリンタワーやランドマークの展望フロアから、脚なしで窓際にうまく固定させ、NDフィルターをかぶせて、長時間露光で船の光跡を写す人もいる。これはうまくいくと格別で、緑川洋一の作品のようなものを撮っている人もいる(ご立派)。
 私は山手とみなとみらいに恋する身なので目下、その両者を撮ることが多い。とりわけ山手の港の見える丘公園から大桟橋方面を写したものが好きで、何度とってもあきない。カップルのみなさんの邪魔にならぬよう、短時間だけお邪魔させていただく。今回はそれをアップしておく。マリンタワーと大桟橋が一緒に入る構図がお気に入りだ。
 今回も三脚を担いで、山手の尾根道を歩いたのだが、途中のエリスマン邸の電飾が今シーズンは美しかったので一枚出しておく。また今回の山手西洋館キャンドルナイトは三脚を出している人が少なかった(相変わらず人出は多かった)。なぜかと思ったら外交官の家がお化粧直しの最中で、キャンドルと西洋館を重ねて構図におさめられないためだった(なるほど)。
 また以前の夕景薄暮のベーリックホール(これお気に入りの時間帯のショット)、山下公園からのみなとみらいも出しておこう。これら半分は撮りためた中からのもので、今シーズンのものだけではない。そういう意味では貴重な昔のマリンタワーの夜景も載せておく。ちょうどクリスマスの日の撮影だ。ここでひとつ、役立つお話をお伝えすると、デジタルになってWBのタングステンモード(白熱灯モードでもいける時があるっぽい。あとは3200Kとか2800Kとかマニュアルで合わせてください)のついているデジカメで薄暮の瞬間を撮ると、いい藍色の空が手に入るときがある。もし興味がある方はお試しあれ(ただし機種により出ないかもしれないが、そこは上手に調整してみてほしい。レタッチとはまた違うやりがいのある楽しみだ。何度やっても、全部真っ青になって失敗したときは、縁がなかったと素直にあきらめて普通に撮ろう)。そして新年らしく、富士の夕景も入れておくことにした。そんなわけで今年もよろしく。いい年にしよう。

IMG_8117hosei10ps.jpg

IMGP024620p.jpg
IMG_7874s25.jpg
IMG_7840sweb.jpg
IMGP0420cut10p.jpg
IMGP0436p10.jpg
IMGP0712p10.jpg

MNP_1601p15.jpgIMG_4443h10p.jpg



nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

トラックバック 0