So-net無料ブログ作成
検索選択

38 私流よこはまの花便り8-休息編- [写真 自然]

 久々に花を求めた散歩を再開することにした。最近のお伴の音楽はシーラ・ハルやアリソン・クラウスだ。春だからハルと言うわけでもないのだが、どちらも美声のブルーグラス系ということで、最近気に入っている。
 話は逸れるが、少し説明をいれる(たいした説明でもないし、さほど知りもしない)。ブルーグラスはアメリカのカントリーソング(独立ジャンルという場合もある)のジャンルのひとつである。日本ではそれほど有名なジャンルではない(好きな人はものすごく好きみたいなのだが、わたしはさわり聴く程度である)。アリソン・クラウスのカバーするマッカートニー作の「アイ・ウィル」に惚れてしまった。本家にも匹敵する出来だ。透き通るヴォーカルとスローテンポのアコースティックの雰囲気にとても癒やされる。ハルの「ベスト・バイ」は陽気な二拍子にフィドルが絡むディキシーランドジャズ風なのが楽しい。舞台や銀幕音楽に通じる部分もある。興味ある方はお試しあれ。
 ブルーグラス。大元のルーツは、十七から十九世紀のスコットランドやアイルランド、英国の民謡的フォークソングらしい。これは中世の居酒屋であるパブやイン(個人的には、この辺の文化史の方がまだ得意?)といった飲食店、村の広場、お祭りなどで居酒屋座付き楽団や旅楽団がバラッドに類するクラッシック音楽から庶民に降りてきた弦楽の音楽を歌い演奏したものという。のちにアメリカ移民たちはパーラーソングと呼ぶ。
 移民と一緒に十九世紀にそのスタイルがアメリカに渡り、カントリーフォークと結びついて現在の形になったそうだ。その中心だった人の故郷の地名とバンド名からブルーグラスというらしい。構成楽器は一般的には、フィドル(ヴァイオリンやその仲間)とコントラバス(ポピュラー音楽の時はウッドベースともいう)、バンジョー、マーチンギターD-28、マンドリン、ドブロなどで構成されている。楽器を見れば分かるが、コンプリートなアコースティックというわけで、音の造りだけなら一部クラッシックのトリオやカルテットに通じるものがある。ただしボーカルやバンジョーなどが入るので、印象はかなり違うものになる。角度を変えれば、ジャズの原型にも聞こえる(あくまでわたし個人の感想。音楽分野の知識に精通しているわけでもないので、あとは詳しそうな他人さまのブログやサイトで、乞うご確認)。
 また前置きがとても長くなった。本題に話を戻そう。さてそんなお伴をイヤホンで流しながら、横浜の街なかや山手の丘を散策である。
 梅の状況はまずまず。下の画像を見ていただくとわかる。ちなみに余談だが、伊勢山の桜の芽は、ほんの少し枝先が丸みを見せていたので、準備段階に入ったようだ。
 梅は桜と同様に「木の花(このはな)」と古来より呼ばれてきた。理由は簡単、木に咲く花だから同じカテゴリーだったようだ。現代の目線からいえば、見た目だけでなくバラ科サクラ属なのでそう考えるのも悪くない(ただ昔に博物学の図鑑的な種別分類などなかったけど)。
 だから記紀神話に見られる桜の化身であるコノハナノサクヤヒメノミコトは、マイナー説ではあるが、梅の花の化身とも言われることがある(一般には木の花=桜のほうが有力)。まあ、梅は天神さまや水戸の徳川光圀さまってイメージのほうが一般的である。
 主がなくとも必ず咲き誇れと梅の木に語り掛ける菅公の有名な和歌もあるくらいだし、偕楽園は三名園のひとつに挙がっている梅の名所だ。
 その後山手の尾根道に向かって珍しく汐汲坂を上がってみた。元町からフェリスホールの脇に出る小径だ。さすがに急こう配はゆっくり歩いた。その後ベーリックホール、元町公園を抜けて、港の見える丘公園までウォーキングをつづけた。……が、ベーリックホールも、港の見える丘公園も、バラ園もすべて整備の日でほとんど花がない。しかもむき出しの土が見えていて、植え替えを待っているような状態や水やりのために縦横無尽にホースが張り巡らさせていた。花たちにとっては休息日といったところだろう。また元気になった花たちを被写体にしようと、神社さんでいただいた節分豆をほおばりながら帰路に就いた。
 ここで初めて、なぜ今回の花散歩の前置きが長くなったかがお分かりになったかと思う。主題に沿った話題が少なくて提供できないからだ。また改めて、みどり満喫のお話を近いうちにお伝えできればと思っている。それまでポールやアリソンの「アイ・ウィル」を聴いて楽しむことにする。でも今聴いているのは、加羽沢美濃さんがピアノひとつで奏でる「花のワルツ」である(これがすごくいいんだ)。

注・最近のオフィシャルなものはシエラ・ハルとカタカナ表記されるみたいです。(念のため)


IMGP0463p10.jpg
IMGP0490p10.jpg


http://www.sierrahull.com/

https://alisonkrauss.com/
nice!(8)  トラックバック(0) 

nice! 8

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: