So-net無料ブログ作成
検索選択

33 イベントの話-馬車道を馬車がいく [世間話 イベント]

 各地のイベントやお祭りの写真をお撮りになる方は、わたしも含めて多いと思う。とりわけ十九世紀西欧ファンと記紀神話ファンのわたしにとって、横浜のいくつかのまつりはちょっとした和洋折衷の興味深いイベントだ。
 先頃訪問した馬車道まつりはまるで印象派やロマン派の絵画の世界が再現されているようで、見ていて楽しい。絵画作品を鑑賞する際には、当時の乗り物、日用品、衣装や装飾品、装備品などを知ることで、絵画の鑑賞や解釈のうえで、理解するのに役立つこともたまにある。ちょっとした発見に繋がれば、イベント見学も意義のある学習行為だ。
 時期を同じくして、最近、十九世紀のクラッシック音楽の作品も鑑賞できたので満足である。心が満たされるというのもありがたい。もともと大好きな曲である「ラ・カンパネラ(カンパネッラ)」を改めて気に入ったこの秋である。他にもリストといえば「エステ荘」など町や景色、情景を感じさせる美しい曲をたくさん持つ。クラッシック音楽に関して、私はただ音楽を聴くだけの人なので、曲や作曲家の背景やいきさつなどは知らない。
 彼は一般に文学や絵画と結びつく標題音楽の代表格に挙げられる。これについての詳しい内容は知らない。でもベルリオーズやリストに感謝(笑)。
 話を戻そう。この日は朝から馬車が馬車道を何往復もするし、英語で「リックシャ」と言われる人力車も登場する。さながら明治や幕末の横浜の町の社会を小さいながらも再現している。そして神奈川県立歴史博物館のゆるキャラマスコットも登場して練り歩き、その両脇には露店やメリーゴーランドも並ぶ。
 歴史的にも意義のある神社などのお祭りはよくお邪魔するのだが、この手のパレード系街頭イベントで、複数回訪問した記憶があるのは、鎌倉まつりとこの馬車道まつりくらいである。しかし馬車道まつりの詳しい経緯は知らない。通りの名については、横浜の居留地や船着き場と日本人の住む街を往来する西洋人の馬車が行き交ったことで、馬車道という名が残っている。もちろん現在は自動車が走る道で、馬車など走らない。
 根岸森林公園の一角にはJRAの馬の博物館もあるので、なにかと馬に縁があるのだろう。ちなみにわたしはその博物館内にお邪魔したことはない。近くにある遺構として残る根岸の競馬場跡を撮影したことはある。立ち入りが許されていないため、いまは外観しか味わえないが、当時は洋風のステキな建物であったことがうかがえる。それこそ映画『マイ・フェアレディ』の世界であろう。
 今回のもうひとつの話題は、イベントという意味では、こちらもイベントの一つである。実はこの度、三重県伊勢市にあるマスヤという菓子食品会社のイベントで「おにぎりせんべい大使」に就任させていただいた(希望者の中から抽選で選んでもらっただけのことで、ありがたいお話ではあるが、たいそうなお話ではないので勘違いしないように)。
 スーパーなどでお見かけになったこともおありだろうが、マスコットキャラクターのおにぎり坊やでおなじみのスナック菓子が主力の庶民的なヒット商品を作る会社である。もう少し説明すると、伊勢神宮内宮の参道であるおはらい町の通りで、江戸の頃より名物みやげとして知られてる『赤福餅』を売る有名なお店、赤福の関連会社である。
 昨年、おにぎりサミットという同社のイベントに参加させていただいて以来、「おにぎり倶楽部」というファンクラブ(?)を通してのお付き合いなのだ。三重県フリークのわたしにとっては、洒落や座興の類とはいえ、嬉しいお役目である。ウェブの片隅などを使ってPRを展開することもあるので以後お見知りおきを。
 私流なおにぎりせんべいの食べ方としては、松阪にある伊勢フーズの海苔の佃煮をおにぎりせんべいの上に少しのせて、ちびちびと白鷹を流し込む。あるいはスコッチでクリームチーズをのせたおにぎりせんべいというのもありだ。
 商品のために、販売イベントもやっているようで、可愛いマスコット(最近はゆるキャラともいう)、おにぎり坊やが街頭に出て販売することもあるらしい。目にした方は一緒に写真でもとられてはどうだろう。
 ただし、中部、東海地区が圧倒的に多いらしく、関東地区でおにぎり坊やを見られるのは希だと前回のサミットでうかがっている。どうやら関西と中部地区では生活に密着したおやつなのだということらしい。関東地方や東北地方ではまだまだこれからの認知度アップらしい。わたしも余暇を使って、遊びの一環として大使の役目を行っていくつもりである(笑)。簡単な大使としての名刺も作ってもらえるらしいので、知人の方でその名刺が欲しい方は、わたしと会ったときはリクエストして欲しい。ぜひ差し上げよう(わたしの名刺など欲しい人はいないような気もするが・笑)
 そんなわけで、ゆるキャライベントの握手撮影会というのはわたしはあまりいかないのだが、愉しめる要素が満載と言うことも、昨年のサミットを通して理解出来た。自分で撮影するも良し、お目当てのイベントでゆるキャラといっしょに撮影してもらうも良し、写真は記録媒体としての役目もあるが、記憶媒体(=思い出)でもあるので、楽しみを味わう道具でもある。
 最後に伊勢と横浜の共通話題を提供すると、先ごろの式年遷宮で立て替えのすんだ伊勢神宮の以前のご正宮の建物はなんと横浜に来ることになっているという話だ。サクラのお伊勢さま、伊勢山皇大神宮の神さまがお使いになるらしい。かつて訪れたことのある建物と、こんな身近で再会出来るかも知れないのだ。これで両者を繋ぐまとめ話として、お話のいい落としどころになった。なので今回はこれで失礼する。-ジョワイユー ノエル- よいクリスマスを。


IMGP0092p10.jpg
クラッシックスタイルの馬車
IMGP0157p10.jpg
ボックスタイプの馬車

IMGP0346p10.jpg
森林公園にある競馬場の遺構
IMGP0393p10.jpg
おにぎり坊や
6IMG_238810p.jpg
ハマのお伊勢さん(桜のころ)
 

続きを読む