So-net無料ブログ作成
検索選択

37 私的で勝手な十九世紀考(少し真面目なお話3) [自然 文学 歴史]

 ビクトリア朝の英国を舞台にしたテレビドラマといえば、『シャーロック・ホームズの冒険』が有名であり、初見で1980年代初頭、十代のころに、一部私も見た覚えがある。数年前にも再放送をしてくれたので、記憶に新しい方もいるかもしれない。
 私にとってシャーロック・ホームズは、やはりジェレミー・ブレットである。本当はコナン・ドイルの原作では『緋色の研究(緋色の習作)』が第一話と聞くが、この英国グラナダテレビのドラマは未収録なのだそうだ。「美しき自転車乗り」、「斑の紐」、「赤毛同盟(赤髪連盟)」などは謎解きでわくわくしたのを覚えている。斑のひもは蛇だった。赤毛の高報酬求人はアリバイのためだった(と思う。あとで見直してみよう・笑)。
 ロンドンのベーカー街にはこのドラマのセットによく似たホームズの下宿先が資料館のようになっている(今もあるのかな?)。221番地Bという住所は本当はなかったと聞いたことがある(記憶違いの可能性もあるのだが)。でも丸い番地のプレートが建物の外壁レンガに張り付けられて、この住所表示をしていた。
 ドラマの中、暖炉の前で新聞を読むワトソンとパイプを吸うホームズのおなじみの光景はわくわくするものだ。ハドソン夫人の愛情や持ってきてくれる食事などにも当時の生活がうかがえる。またお茶と一緒に運ばれるお菓子やサンドウィッチが、「英国だなあ」などと感じた。レストレイド警部なども登場して、みればいつもの登場人物が揃う。
 もうちょっと書くと金融街のシティが登場し、フランスでの国際事件解決、ホームズの兄が高級官僚だったり、シーズン終わりの最終回で、宿敵モリアーティとスイスで滝つぼに落ちたシーンは心に残る名場面と言えた(あやふやな記憶のため一部違っているときは、スミマセン)。こう振り返ると、探偵ものも結構好きだったのかな? 機会があればまたゆっくり見直してみよう。
 こうした十九世紀の生活は、以前にも述べた映画『マイフェアレディ』、『ミュージックマン』やフランス映画で最近ミニシアターで見た『画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密』などにも描かれている。2006年公開の『ミス・ポター』も十九世紀後半から二十世紀初頭の物語だ。ちなみにモリゾは十九世紀フランス印象派の紅一点といわれることの多い画家である。印象派の相談役でもあり、兄貴分だった画家マネ。彼の弟と結婚した女性だ。実姉の夢を受け継ぎ女流画家として活躍した。ポターに関してはこのブログでは今更言うまでもない。
 ポール・マッカートニーの『No More Lonely Nights(ひとりぼっちのロンリーナイト)』のミュージック・ビデオに登場する回想シーンの舞台、衣装や馬車など、特定はできないが、この時代のように見えた(気がする)。自然散策とピクニックが流行したその光景が演じられているからだ。また彼は『ミュージックマン』の挿入歌『ティル・ゼア・ウォズ・ユー』をアコーステックな軽音楽風にカバーしている。これもいいのだが、ミュージカルアレンジのチェノウェスの美声もいい(シャーリー・ジョーンズ世代のみなさんゴメンナサイ。でも演技はシャーリーのほうがいいというあちらの評論を目にしたことあります)。どっちも甲乙つけられない。
 馬車やガス灯、鶏のように腰が出っ張った女性のドレス、シルクハット、ステッキと石畳の街並み。この時代のパリもロンドンもまるで映画に見る世界だ。湿板・乾板写真も(後付けだが、ホームズを見直したら、第一話は「ボヘミアのスキャンダル」で暗箱カメラ時代の記念写真が事件の発端となっていた)、いろいろな物語に登場するロンドン-エジンバラーを結ぶ超特急「フライング・スコッツマン」も十九世紀の名物である。十八世紀に登場したキュー・ガーデンも、このころには名所のように登場する。スコットランド・ヤードの名称が使われたのもこのころからである。わが国では1853年にペリーさんが来航と世界が少しずつ互いを知るようになったころである。そして1868年の明治維新である。
 現在も激動の時代で、日進月歩、世界や科学が進歩したり、変化する時代なのだが、十九世紀もそれなりに世界や科学が進歩していた時代といえる。そういった意味ではあの当時の新しく登場するそれまでの常識を打ち破ったアイテムや国交、芸術は現代に通じるものがあるのではないだろうか?
 なんで今回はこんな番外編を書いたかというと、先日横浜のイギリスパブで、フィッシュ・アンド・チップスを食べたからかもしれない。スモールサイズにしたのだがとてもおいしかった。食い気からのインスパイアと、なんともあまり高尚でない終わり方をするが、私のレベルなど所詮こんな程度である(笑)。そしておじさんになると楽しみなど、これくらいしかないのだ(再笑)。次回は久々の「私流よこはまの花便り」と行こう。ではごきげんよう。

「シャーロックホームズの冒険」準公式ファンサイト?(やっぱり、調べるとあるんだなあ) http://jeremybrett.client.jp/index.html

著作権の終わった原書からの翻訳をしてくれているサイトです。(もちろん無料)
五十を前に引退して養蜂家になったホームズの話『最後の挨拶』も載ってます。(必見!)
http://www.221b.jp/

モリゾの映画はこちらから http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1433928019129/pid_2.html

IMGP0092p10.jpg

IMGP2422p15.jpg


nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

36 夜景・夕景の話 [写真 自然]

 十月も中ごろを過ぎると空気中の水蒸気が少なくなる。要は乾燥してくる。お肌には十分なケアが必要なのだが、夜景を写すには適するシーズンが到来する。晴れの日が多くなる十二月にもなると、空気もめっきり凛として澄んだきれいな夜景が写せるようになる。これは二月ごろ、粉塵が舞い始める春先の手前まで同じコンディションが続くので、写真雑誌などではよく夜景シーズンと題する特集をこの時期に組んでいる。ちなみに二月の中旬以降は、私は早春の花を追いかけるべく、また山野草の撮影に戻る。早咲きのヤマブキソウや二輪草、梅、ロウバイなどを求めて動き出す。
 夜景に話を戻そう。東京なら東京駅や新宿の摩天楼なども美しい。タワーやスカイツリーもいい。もし東京タワーを写すなら、世界貿易センタービルがおすすめだ。暖かい室内で三脚も許された撮影スポットなのだ。意外に知られていないようだが、貿易センタービルではアマチュア写真家ウエルカムのアピールをしているのでいかがだろう。特にご年配の方におすすめだ。
 前回の予告通り、横浜の夜景について少し述べたい。これぞ横浜というなら、やはりみなとみらいである。大桟橋や象の鼻パークなどに三脚を立ててビル群を写す人も多い。わたしも好きな構図だ。ほかにも三塔、赤レンガ倉庫、山手の西洋館群、中華街などを夜景で写している人は多い。
 またマリンタワーやランドマークの展望フロアから、脚なしで窓際にうまく固定させ、NDフィルターをかぶせて、長時間露光で船の光跡を写す人もいる。これはうまくいくと格別で、緑川洋一の作品のようなものを撮っている人もいる(ご立派)。
 私は山手とみなとみらいに恋する身なので目下、その両者を撮ることが多い。とりわけ山手の港の見える丘公園から大桟橋方面を写したものが好きで、何度とってもあきない。カップルのみなさんの邪魔にならぬよう、短時間だけお邪魔させていただく。今回はそれをアップしておく。マリンタワーと大桟橋が一緒に入る構図がお気に入りだ。
 今回も三脚を担いで、山手の尾根道を歩いたのだが、途中のエリスマン邸の電飾が今シーズンは美しかったので一枚出しておく。また今回の山手西洋館キャンドルナイトは三脚を出している人が少なかった(相変わらず人出は多かった)。なぜかと思ったら外交官の家がお化粧直しの最中で、キャンドルと西洋館を重ねて構図におさめられないためだった(なるほど)。
 また以前の夕景薄暮のベーリックホール(これお気に入りの時間帯のショット)、山下公園からのみなとみらいも出しておこう。これら半分は撮りためた中からのもので、今シーズンのものだけではない。そういう意味では貴重な昔のマリンタワーの夜景も載せておく。ちょうどクリスマスの日の撮影だ。ここでひとつ、役立つお話をお伝えすると、デジタルになってWBのタングステンモード(白熱灯モードでもいける時があるっぽい。あとは3200Kとか2800Kとかマニュアルで合わせてください)のついているデジカメで薄暮の瞬間を撮ると、いい藍色の空が手に入るときがある。もし興味がある方はお試しあれ(ただし機種により出ないかもしれないが、そこは上手に調整してみてほしい。レタッチとはまた違うやりがいのある楽しみだ。何度やっても、全部真っ青になって失敗したときは、縁がなかったと素直にあきらめて普通に撮ろう)。そして新年らしく、富士の夕景も入れておくことにした。そんなわけで今年もよろしく。いい年にしよう。

IMG_8117hosei10ps.jpg

IMGP024620p.jpg
IMG_7874s25.jpg
IMG_7840sweb.jpg
IMGP0420cut10p.jpg
IMGP0436p10.jpg
IMGP0712p10.jpg

MNP_1601p15.jpgIMG_4443h10p.jpg



nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー