So-net無料ブログ作成
検索選択

41 私流よこはまの花便り9-あんずもすももも西洋館編- [写真 自然]

  春になるとまず動き出すのは、人間だけではない。とくに目につくのが鳥。ウグイスやヒヨドリ、そしてメジロである。赤いほっぺのヒヨドリやその名の通り目の縁が白いメジロ、春の美声を聞かせるウグイスは、いわゆる留鳥。越冬して、その辺に潜んでいる鳥らしい。暖かくなって姿を見せるようだ。
 わたしも最近知ったのだが、ウグイスの身体の色はいわゆるうぐいす色ではなく、くすんだ黄緑色なのだそうだ。それを知ってすぐに図鑑で調べたところ、全くもってその通りであった。しかもその図鑑には、ウグイスはあまりウメの木にとまることはないと記されている。藪の中に潜んで姿を見せないらしい。つまり私たちのお決まりの知識である「ウメにウグイス」はほとんど見られないということらしい。うーん……感慨深い。
 そんなわけで、一分咲きの伊勢山皇大神宮の手水舎の上のサクラで蜜をすするメジロを撮ったのでアップしてみよう。桜の季節が徐々に近づいてくる。嬉しい限りだ。今回はあっちこっち用事のために出かけて、終わったのが午後二時。その後の午後二時過ぎから横浜の中心部を回ったので、時間短縮も兼ねてバスで山手までは向かった。それでも午前中からの分も含めて、トータルすると七キロ超のウォーキングになった。かなり足にきた。明日は大人しくしていようと思った(笑)。何かのウエブサイトでみた地口のような、若者は「アイシタイ、コイシタイ」らしいが、わたしぐらいになるとそろそろ「アシイタイ、コシイタイ」という文言が本音だ(笑)。本日のわたしは全く以てその通りになった。
 港の見える丘公園のバラ園は、まだバラの季節ではないが、花で満ちあふれていた。パンジーやマーガレット、ほかにも春の花々が沢山出迎えてくれた。イギリス館のまわりも人で溢れていた。人なみが切れるのを待って、角度をつけて一枚とったのでそれもあげておきたい。すれ違った観光客のグループが、「バラの季節になったらもっと混みそうだな」と会話していたが、心の中で頷いていた私だった。
 西洋館と花々はとても似合う。今回はどこの西洋館も『garden necklace』と冠した花のイベントの看板を入口に掲げていた。そんなわけで、今回は山手資料館とすももの花、ブラフ18番館とあんずの花をおさめた画像も載せておきたい。
 そして18番館の脇、石川町駅に向かう階段にはシャガの花が咲き乱れていたので、一輪、風がやむのを待っておさめてみた。アヤメの仲間であるが、これだけの群生で見られるのはうれしい。大磯の城山公園や茅ヶ崎の里山公園の近くで見たことがあるが、野草が横浜のど真ん中で群生しているのは素晴らしい。植生したのか、もともとの在来種なのかは知らないが、野の花の可憐な咲き方には笑みを浮かべずにはいられない。そんな数時間のみどりの時間だったが、石川町から今回は帰路に就いた。あと一、二週間のウチにサクラ(ソメイヨシノ系)は見頃を迎えるはずだ。
 天候にも恵まれたせいか、人出の多い土曜日となった。最近は、整理整頓に追われ、屋内で過ごすことの多い毎日、他の用事で久々に外出できたのだが、やはり山手の花が気になって行ってしまった。熱心なのか、お馬鹿さんなのか、最近は判断しにくい自分の行動も含めて、春なんだなあと実感した。
 四月以降、これからはしばらく横浜の花散歩が続きそうである。それにしても今日のメジロは人なつっこかった。あんな近くまで来てくれたことはない。大口径を持って行っていれば、もう少しピントも描写も、よりどんぴしゃな、かりっとした画像になったはず。だが大きなレンズを抱えて、別の用事を足しに行くのもおかしなものであるから、そこは諦めるしかない。考えてみれば、軽めの機材とは言え、交換用の望遠レンズも含めて日常持ち歩いている時点で、お馬鹿さんの類かも知れない(笑)。……疲れた。ではまた。


zIMG_4555p10.jpg

zIMG_4599p10.jpg
 
zIMG_4619p10.jpg

zIMG_4635p10.jpg

zIMG_4647p10.jpg



nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー