So-net無料ブログ作成

43 写真、映画と絡めた音楽所感(思い出話) [世間話 イベント]

 最初にマッカートニーのレコード(あくまでCDではない)を手にしたとき、タイトルはビートルズのバラードベスト20(『』をつけないのは正確なタイトルか否か自信が無いため)という再編集されたセレクトアルバムだったと思う(一緒に『幸せのノック』のシングルも買った気がする。あとニュートンジョンの『ザナドゥ』とイーストンの『モダンガール』も)。レノンが倒れたのをきっかけに、どんなものかと真面目に聴いてみようと思った。ビートルズの曲は街角やラジオなどからいつも耳に入ってくる。しかし向き合ってオーディエンスとして聴いてみようと思ったのは、この時が初めてだった。したがって、レノン目当てでのスタートであった。
 ところがこの中の美しいバラードの曲で、特に自分好みの曲がほぼマッカートニーの作品だった(もちろんレノンのものもありました)。『フォ・ノー・ワン』、『ミッシェル』、『ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア』、『イエスタディー』、『シーズ・ア・リビングホーム』などである。でも『悲しみはぶっ飛ばせ』や、『アクロス・ザ・ユニバース』なんていうレノンの曲も好きだった。
 ビートルズはオリジナルアルバムを聴くのが大切と、多くの音楽雑誌で言う。イギリス盤のオリジナルアルバムなら『ラバーソウル』とデビューアルバムの『プリーズ・プリーズ・ミー』がお気に入りだ。理由を述べるとまた長くなるので割愛する。
 決定打になったのが、東京のミニシアターまで見に行った映画で、スピルバーク監督の総指揮作品『抱きしめたい』である。本来、曲のタイトルのほうは『I want to hold your hand』だが、映画のタイトルのほうは歌詞と同じ『I wanna hold your hand』である。日本語タイトルは『抱きしめたい』で同じでも、原語表記だと微妙に違うらしい。英米のアクセントの違いか? と書いてある評論を見たこともある。ちなみに当時のビートルズの日本語タイトルをつけた主要メンバーのひとりは、東芝のレコード部門にいらっしゃったクラッシック・ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんのお父様なのだそうだ(ちさ子さん率いる十二人のヴァイオリニストだったかな? 数年前は良くCD聴いていた)。
『未知との遭遇』や『E.T.』で一躍有名になった監督が作った初期作品の青春コメディー(実際にメガホンををとったのはロバート・ゼメキス。そう『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の監督です)。これが最高に面白かった。彼らの音楽を混ぜながら、アメリカでのビートルズ人気のすごさを笑いで紹介してくれる。最後はエドサリバン・ショーのシーンで幕を閉じるストーリーだ。
 実はこの映画を見なかったら、ここまでのファンにならなかったかもしれない。だからわたしとマッカートニーを結ぶ接着剤のひとつ、おおもとは、スピルバークの映画作品ということになる(ほかには、小さなところで、三省堂の英語の教科書の教科書ガイド。「知っていますか?」のコーナーに載っていた。そして当時流行ったYMOのアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイバー』に『デイ・トリッパー』が入っていたことなど)。
 そこから先は、勢い増して片っ端から聴き始めた(当時はやりだったフィルムコンサートにもいったっけ)。同時期に活動休止状態だったウイングスのアルバム『スピード・オブ・サウンド』や最新だったソロアルバム『タッグ・オブ・ウォー』がお気に入りとなる。前者では『心のラブソング』、『幸せのノック』などが好きだし、後者は『ボールルーム・ダンシング』、『ドレス・ミー・アップ・アズ・ア・ラバー』、『ワンダーラスト』、そしてスティービー・ワンダーとの共演『エボニー&アイボリー』である。『エボニー&アイボリー』はテイク違いのものがあり、その45回転LPサイズシングルは、駅まで自転車で三〇分、一時間に一本しかない電車に乗って二〇分掛けてたどり着くレコード店へと買いに行ったものだ。何せ田舎ライフを満喫していたので(笑)。マイケル・ジャクソンとの共演『ガール・イズ・マイン』を買いに行ったのも、正確ではないかもしれないが、おおよそこのころだったと思う。そういえば、マッカートニーの作品の主要なテーマのひとつも田舎暮らしだった。
 1987年、ほぼ全てのビートルズオリジナルアルバム、イギリス盤(通称EMI盤)がCD化される。ジョン・レノンのドキュメンタリー映画『イマジン』も公開され、マッカートニーよりもレノン関連の話題がこの頃は多かった。わたしの心も少しレノン寄りに傾きかけた(笑)。
 学生時代、オーディオ関係のアルバイトをしていたため、クラッシックを聴くようになる。お客さんの話について行けないと困るため、『FM fan』などで知識を得ていた。
 もともとはシンフォニーに惹かれていたのだが、歳をとるごとに、音の厚みよりも繊細さを好むようになり、室内音楽やピアノ、ギターの独奏曲(最近のクラッシック・ギターならアナ・ヴィドヴィッチや村治佳織さんかな。ほんとたまにだけど聴きます)がお気に入りになった。オケのような音の塊の中で微妙なバランスを聴き取るのも良いが、安らげる音階や旋律に音色の楽しみがあることに気付いてしまった(でもいまでもオケの曲もたまに聴きます。それはそれで荘厳、壮大で楽しいのです)。
 用事で銀座の中央通りや表参道を青山方面に歩いている時、ピアノメーカーのショールームで、デモ演奏に出くわすと得した気分になり、寄り道して中に入ってしまうこともある(要はそれくらい好きと言うことである)。だから作曲家で聴くと言うよりも旋律と楽器の音色を楽しむといった方が正確である。したがって蘊蓄を知らないのはそのためである。
 ジャズもほぼ同時期である。新宿のレコード店でアート・ペッパーとレイ・ブライアントのCDを安価で手に入れてから、この二者の虜になった。やはりクラッシックと同じく、蘊蓄は分からないのだが、音の良さがしみる録音だったためだ。そしてグレン・ミラー風のビッグバンドジャズ(17ー8人編成のジャズバンドで、1930年頃までは、ジャズはこの形態が主流だったはず。現在は別名で、このビッグバンドジャズをスイングジャズともいう)というより、トリオ、カルテット物が好みである。正確にはビッグバンドジャズを詳しく知らないからだ。どの角度から入ったら良いのかわからないというのが本音。きっと分かると楽しいのだろう(スーサの楽曲を良く聴くのだから、似たような編成のビッグバンドジャズの音色は受け入れられるはず)。
 ペッパーの盤はウッドベースと金管楽器のからみの美しさ、ブライアントはライトタッチでホンキートンクのような、聴きようによってはチェンバロにも思えるような音色を出せる技に魅了されてしまった。まあ、理屈ではなく、要は聴いていて心地よいのである。
 他にクラッシックでは今出てきたチェンバロ(古楽器というらしい)やパイプオルガンの音色も好きである。前者はバッハを思い浮かべるが、バッハのすごいところは、ピアノであれ、チェンバロであれ、ギターであれ、フィドルであれ、みんなバッハに聞こえるのがすごい。そういう音の造り、旋律、時代性なのかなと勝手に思い込んでいる。後者は空気のシンセサイザーと思っているのが、わたしの感想である。ストップという切り替えスイッチでいろいろな音を出すことが出来る。曲によってはカッコーだって鳴き出すのだ(笑)。
 さて話を元に戻すと、レノンの最後のアルバムを撮影したのは篠山紀信さん。マッカートニーのアルバムの綴じ込み冊子などは先妻で写真家のリンダ・マッカートニーの作品が見られる(以前botにも出したが旧姓リンダ・イーストマンなので、イーストマン・コダック社との関係を指摘されていたが、本人は完全否定をしている記事を何度か目にしたことがある)。89-90年のマッカートニーのライブツアーのパンフにはリンダの作品が載っている。ディラン、リンゴ、レノンのポートレート作品に交じって、フォギーな木の写った風景写真も載っている。ニコンFを使うリンダの写真も載っている。ちなみに映画『ハード・デイズ・ナイト』の中ではポール所有のペンタックスのカメラをリンゴが借りて、散歩に出かけるシーンもあった。やはりカメラは日本製が多いのかな?
 娘のメアリー・マッカートニーは現役の写真家である。マドンナなどの撮影でも知られている。しかも結構なべっぴんさんである。コンタックスやライカを使っているところを写した写真を見たことがある。母の跡を継いでミュージシャンの写真を撮り続けている。たまにネットでロンドンなどでの写真展のニュースを見るのだが、私が見てみたい写真展はあまり英国外ではやらないように思えた。(わたしが知らないだけかも知れないが)。
 仲睦まじいポールとリンダのソロアルバムの写真などを見て、音楽を聴くと、こころが晴れる。音楽と写真を愛したご夫妻だった(シンパシーを感じる・笑)。『幸せのノック(Let'em in)』のように、のんきで気軽な、気の置けない人々を、仲間はずれのない優しい雰囲気で迎え入れる身近な生活を歌うマッカートニーに魅了されて、おおよそ35年ということになるわけだ。七十を超えても、ステージで動き回るマッカートニーもすごいなとあらためて思う。自分がその歳になった時には、現役という意味では、こんな七十代にとなるべく、あやかりたいものである。ではまた。

写真は2015年のステージの撮影である。十二弦ギターを弾いているので、『アナザーデイ』を演奏中の時と思われる。後ろは愛用の日本メーカーのピアノ。欧米のポピュラー音楽のアーティストは、宣伝効果を見込んで一部カメラの持ち込みOK、撮影後スチール写真の個人サイトへのアップOKが多い。良い時代になったものだ(動画はだめみたいです)。
(画像はちゃんと持ち込み検査も受けて、許可をいただいたカメラで撮ったもの。しかも個人の趣味のブログなので、アップOKとアナウンスに見合っているため、ルールに従いアップしました)

paul12guitarp30.jpg


こちらは2017年ドーム初日のもの。今回はアコースティックギターの活躍が目立った。半音進行のコード循環から『ユー・ウォント・シー・ミー』へと移ったり、『ラブ・ミー・ドゥー』などのナンバーもこのような編成スタイルでプレイした。妻ナンシーさんへの曲『マイ・ヴァレンタイン』も落ち着いたジャジーで良い旋律のピアノ曲だった。
paul20170425acg.jpg
nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー