So-net無料ブログ作成
検索選択
自然 文学 歴史 ブログトップ

53 遊べる趣味の文学ざんまい [自然 文学 歴史]

 考えてみるとこのブログは、音楽や美術(写真も含め)の鑑賞のことが結構比重を占めていたように思う。タイトルも改変したので、ひとつ文学部出身ということもあり(実はあんまり関係ないのだが・笑)、文学の手短で、ゆるい鑑賞法を一緒に共有したいと思う。この見解はあくまで楽しむための手法である。
 学生時代「文学概論」という授業があり、文学部の学生は全員必修で、この授業もとてもお気に入りの授業だった。わたしの学年は英文学の先生が担当なさっていた。この授業で習った文学タームを元に、やはり図書館にこもって用語調べをしていた。楽しみだった。時間が無いときは、古書店でそのままその本を買って自宅読みをしたこともある。
 また小説の作られかたや文学入門の概説書などでも書かれているオーソドックスな内容なので、知っていても損はないと思う。
 例えば、文学、特に近代文学の小説の構造は、タームで言うと、「テーマ」、「プロット」、「バックグランド」、「キャラクター」などが主な要素になる。もう日本語になっている用語なので、そのまま並べると順に、「主題」、「筋立て」、「背景」、「登場人物」である。
 このうち文学がなぜ絵画や音楽と同じ芸術なのかというと、「主題」を持つ創造作品だからである。これは写真や映画にも言えることだ。同じ主題を持つ作品でも、論文や報道レポートなどは、学術考察、ノンフィクションなのでおおよその場合、芸術や文芸とは言わない。ただしもちろん例外はどこにでもある。
「主題」で一番わかりやすいのは、タイトルが主題の作品になっているもの。例えば、武者小路実篤の『友情』である。そのままテーマは友情だ。友人関係と恋愛の狭間で悩む主人公の葛藤が美しい話だ。興味のある方は一度お読みいただきたい。結構短い作品なので、三日坊主にならずに読み終えて、しかも高尚な作品なので知人に自慢できる(別に無理に自慢する必要は無い・笑)。
 また社会派の文学の基礎のような作品テーマも、実はシェークスピアの時代には出来ている(正確には後の時代にそう評価された)。借金の担保として、胸の肉一片を渡すというお話は何処かで聞いたことがあるのではないだろうか? この物語の面白いところは「血を一滴も流さずに」という禁じ手を加えたことにより、決まり事を出し抜いたという「まんまとしてやった」というオチである。故にこれはもともと喜劇の部類に入っていたのだが、近代の評価では法の解釈の有用性が強調され社会派的な扱いを受ける作品になっているということだ。
 似たような社会派作品だと森鴎外の『高瀬舟』なども安楽死の問題と絡んで、位置づけがなされている。とくに鴎外の場合はもともとが医師なので、その辺りの法的な基準をテーマにしやすかったのだろう。
 プロットのおもしろさというのであれば、演劇作品の際立ちが大きい。『ピグマリオン』というより、映画『マイフェアレディ』といったほうがわかりやすい。なので映画の内容を思い出しながら書いてみよう。
 ロンドンの下町なまりの花売りの少女が、上流階級の言葉と身だしなみを与えられて、ステキなレディへと変身していくさまを描いている。オームがえし言葉で逃げ切った競馬場の場面では、思わず笑ってしまった方も多いのではないだろうか? 主人公のイライザが、品位と知性を身につけていくと、偉く見えた言語学者の先生が、実は利己的で自分勝手と言うことが見えてしまう。でも愛しくもある。複雑な展開がある。
 一方のイライザの父親もたかり癖のある貧乏なその日暮らしから一転、億万長者になってお金が貯まりすぎていらいらするなど、コミカルな筋立てで物語が流れていく。この作品のテーマを吟味した所見は、階級社会であるイギリス社会での、上流階級への風刺とも言われている。
 ちなみに映画のタイトル、『マイフェアレデイ』は一説に、高級ショッピング街のロンドン「メイフェア街」を下町なまりにすると「マイフェア街」と聞こえるからと言う意見を聞いたことがある(請け売りでいうと、子音Yの前のAは{ei}と読まずに{ai}と読むため、メイがマイに聞こえる。日曜日のサンデーがサンダイなるのと同じ理屈だ)。そんなセレブ御用達の街にふさわしいレディになるさまを描いているプロット仕立ての物語なので、タイトルを入れ替えたとも。『ピグマリオン』 もギリシア的というか、文学的で良いタイトルなのだけれどな。
 このように筋立ての思わぬ展開が読者や鑑賞者をどきどきさせたり、共感して感情を入れ込んだりする役割になる。そこに高尚なテーマや普遍的なテーマが入ることで、一気に芸術性が増すというのが、この手の文学のありがたみなのである。
 ついでなので、古典文学の場合はどんな分類方法があるかというのも軽く触れて終わりにしたい。現代のものではなく、昔の文学は鑑賞と言うよりも、分類で歴史的価値や文化の流布、移動を読み解く鍵になる。その役割のほうが現在は重要に感じる側面もある。もちろん教訓オチの多い古典や昔話の類では、バックグランドから現代の私たちと同じ心情などをくみ取ることも大切である。ただ文化全体の流れの中で、口承に近い形で人から人へと語り継がれて、時代や地域を渡り歩いたプロセスが、まるで悠久の時を経て完成した伝言ゲームのようで、文化圏のパーティションを教えてくれるのも興味深い一面とも言える。即ち換言すると、ある意味では歴史研究の補助学問に相当するという場合があるようだ。とりわけここでは、浅学の私ごときがご案内できるごく一般的な、どの国の文学作品にも通底して、適応できる分類方法を取り上げる。
 一例として、某譚という分類をするやり方を見てみよう。昔話や神話の類をエピソードの似ているものでカテゴライズする方法だ。これだと世界中に類似性のあるプロットや展開が散らばっているので分類しやすい。近隣諸国の場合だと(特に地続きの欧州など)、どこからかの影響を受けているという調査やルーツの研究もしやすいそうだ。
 挙げていこう。長者没落譚なら代表的なのは『山椒大夫(安寿と厨子王)』、英雄譚は各地に散らばっているので特に沢山の例はいらない。有名どころでは『アーサー王伝説』などかな。名剣を真鍮(岩だったかな?)の塊から引き抜く辺り、こどもの出来る技ではない。やはり英雄は違うのだ。異類婚姻譚なら『鶴の恩返し』や日本神話の「ニニギノミコトとコノハナノサクヤヒメの話」、「三輪山の神さまの話」など、貴種流離譚なら日本神話「大国主命の話」や『オデュッセイア』、動物報恩譚は再度『鶴の恩返し』や『浦島太郎』等もこれに当たる。他にも沢山の分類する某譚はあるのだが、ゆるい話の本稿はこんなもので良いと思う。後は気になった人はご自分で、他にどんな分類があるのか調べてみるといい。これ以上深く掘り下げるとわたしは熱中してしまうのでやめておく。
 これ以外にも他の方法で、神話の分類には、「バナナ型神話」分類もあり、このサンプルは世界中にあるという。スコットランドの偉い学者が名付けた分類方法である。不死と短命の分類方法らしい。これもまた興味のある人は調べてみるといい。もしこの時代、この物語の主人公になったとして、あなたはイワナガヒメとコノハナノサクヤヒメの両方を娶れるかという問いに、選択肢によってあなたの運命が決まるというお話である。興味のある方は日本神話を読んでみよう。永遠の命と限りある命。「なんか、小学校時代少年誌に連載されていたSLが宇宙を走るマンガにも、そんなテーマがあったなあ」と思い出してしまう。感慨深い。
 久々に文学、深いなあと思った。一応学費分以上の勉強はしたんじゃないかと自負している(笑)。これも自分で思っているだけだが。
 生涯学習は、教養を楽しく身につけることから始めるのがいい。そんなお役にたてば嬉しいのだが。
nice!(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

51 ちょっとだけliberal artsっぽい話-パリ回想- [自然 文学 歴史]

「photo message board」 としての最終回である。そして「I'll follow the sun-liberal artsっぽい話」という表題でブログの更新をしていく初回でもある。どちらに載せても大丈夫な内容にしている。
 今回の新装した理由。これまでわたしの生涯学習の成果発表を写真展として行ってきたが、今後の主軸はブログになるためである。割合の問題でこちらに比重がおかれる。もちろん写真展もやめるわけではないが、手軽に、身近に発表や閲覧可能なブログにシフトすることが、今のわたしにとってはベストだからだ。
 もうひとつはこのタイトルでは収まらない時代になったからである。ボーダーレス時代と言われてからも久しいが、このブログも様々な分野に跨がっている。それらの中心、主題にあるのが、文字通りliberal arts 、つまり「芸術・文芸」の内容と言うわけだ(高等教育機関の一般教養科目もliberal artsというが、もともとの派生は教養という意味で文芸を意味するところから来ている。ヨーロッパ人にはもともとたしなみの一部で、今も適応しているかはさておき、昔から成人していると知っていなくてはいけない知識なのである。common senseとはまた違った一般常識というのかな?)。
 前々回のイギリスの話に続いて、今回はフランス、パリ。イギリスやったら、フランスもやらないとと勝手に思っている。学部時代に「フランス文学史」の先生がいい話をたくさんしてくれたので行ってみたくなったのが理由だ。俗ラテン語の話やジッドの話。読んでみると『田園交響曲』は心にくるものがあった。どことなく田山花袋の『蒲団』にも似ていたイメージを持った。他にルソーやモンテスキューの話。実は実証史学のもとになったひとつは、意外にも『法の精神』なのである。門外漢の研究書が別の分野で役に立つ好例である。
 初めてパリのカフェで「オレンジジュース」を注文したとき、親切なパリの学生さんが(自分も学生だったけど)、片言の英語で「座るとお金がかかる」というニュアンスのアドバイスをくれた。こっちもおぼつかない英語で会話したのを覚えている。その時飲んだのが「オランジーナ」。まさか、日本でも飲めるようになるとは思いもしなかった。あちらでは当時瓶が主流で、まるで水時計や砂時計を起こすように、瓶を逆さまにして沈殿物を混ぜ合わせてから栓を抜いていたのを覚えている。
 目的地は、オルセー美術館。絶対にオルセーだった。勿論ルーブルだって外せない。モナリザなどルネサンス、バロックの絵画も気になるが、やはりモネだった。印象派、そしてその中心のモネ、というのが、その当時のわたしの絵画のこだわりである。
 メトロの中でびっくりしたのは、突然、コントラバスとアコーディオン、フィドルをもった三人が乗り込んできて、ジャズやシャンソンを奏で始める。乗換駅に来ると、向かいのメトロに乗り換えて、また演奏をしていた。日本では見たことのない光景に驚かされた。これをカルチャーショックというのかも知れない。
 そんな珍道中を経験しながらたどり着いたオルセー。廃止駅舎を利用した美術館だ。駅の構造物である天井の高いドーム駅舎の中に、スタンドや台座のように二階部分が増築されていた。時計台を背に、広い階段を登って印象派絵画の待つ展示室に行った。ドームの辺りはガラス張りで、温室のように開放的で明るかった。残念ながら二十年以上前なので、絵の配置までは覚えていないが、漸く本物に会えた喜びと感激は今も胸に残っている。
 クシェットという寝台車で車中泊をしながら北駅に着き、サン・ラザールという駅(だったかと思う)からカレーを目指した。その間の途中滞在で二三日だったが、朝の駅構内のカフェでクロワッサンとコーヒーで気分を出した(コンチネンタル・ブレックファースト)。モンマルトルで、遠目に風車のネオンサインを見たり(昼間なので電気はついていなかった)、シテ島を散策したりと良い思い出を作った。どこに行っても散歩をしているわたしだ。気分は印象派。少々お馬鹿な旅行者? ただ目的地はとにかくルーブルとオルセーだった。あとはパリ市の歴史博物館なども見て回った。
 今回、単なる紀行文、思い出話にしたのは、ルーブルやオルセーの話を詳細にしてしまうと、別に美術館のブログをやっているので、それとかち合ってしまうためである。でも街角からシャンソンが聞こえるって、気分をかき立ててくれる。風景というのは目だけでなく、音の臨場感でも感じることが出来ると教えてくれたのもヨーロッパの空気たっだ。その時からアコーディオンがおしゃれに聞こえた。スイングスローでコシミハルさんが弾くアコーディオンが、なぜかそのときパリで聴いた音楽を思い出させてくれる。

画像は①エッフェル塔②ルーブル美術館③オルセー美術館。ロンドンに続きフィルムおこしなので画像劣化はご勘弁いただきたい。

img001p10.jpg

ルーブルピラミッドp10.jpg

オルセー正面p10.jpg

nice!(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

45 私流よこはまの花便り12-バラ満開とまつりの晩春初夏編- [自然 文学 歴史]

 今港の見える丘公園のバラ園では、バラがまさに盛りである。もうピークを迎えていると言っても過言ではない。イギリス館横にあるこのバラ園では、「何で平日なのにこんなに人が多いのかしら?」という声が飛び交っていた。それを聞いている他の人たちもみなそれぞれがそう思っていたに違いない(笑)。
 晴天に恵まれてイギリス館周辺は大賑わい。わたしの愛機ペンタ君(ペンキ屋さんの会社ではありませんし、米国の国防総省の建物でもありません・笑)も大活躍であった。
 バラについて少し述べると、公園を散歩するようになったのはこの十年なので、それ以前は野生種のノイバラやハマナスなどを撮影することが多かった。ノイバラに詳しい人に以前聞いたとき、野生種のノイバラは雑草に近い扱いなのだが、園芸品種のバラを接ぎ木するときに重宝するという。なので、あまり刈り取らずに幹を太くして愛好家に渡すと喜ばれるというのを聞いたことがある。
 アイスバーグや ブルームーンが定番中の定番なので、園芸種にうといわたしでも知っている。各地の植物園には必ずと言って良いほど植えられている。
 以前も述べたが一重咲きのバラが好きだ。でも八重咲きもいい。個人的には暖色系のバラが好きなのだが、とりわけ橙色系が好きである。贈り物として、人さまに差し上げるのには赤やピンクが一番の上品な花と考えて、ふさわしい人にはプレゼントするのだが(そんなにいろいろな人に頻繁に花を贈るほどこまめな性格ではない・笑)、鑑賞するなら白とピンク、でも被写体にするのは橙色が好きなのである。露出の関係上、白は飛びやすく、濃紅は沈みやすいので、露出を設定しやすい中間色の橙色なのである。この理屈がもしわかりにくいひとは、写真の露出の本を読んでみよう。
 話を戻すと、賑わうバラ園の人ごみを画角から消しながら、必死に撮影してきたものをアップしているのでご参照願いたい。
 余談だが、同時に山手西洋館の市民モニターの会合に参加して、初めて知ったのだが、ファンクラブがあって、それのスタンプを集めると、非売品の傘がもらえるらしい。上品そうな奥様方が会合の意見交換で皆に教えてくれていた。十年以上も西洋館とその周辺の写真を撮り続けていたのに「知らないことはあるんだな」と、世間の広さ、深さに感銘を受けた一瞬だった(大げさかな?)。いずれにしても、コアなファンというのはどこにでもいらっしゃるので、わたしのように町の景色としての西洋館や季節の花を愛でる公園という切り方ではない西洋館の楽しみ方もあると言うことを気付かされた。「おにぎりせんべい大使」同様に、間接的にではあるが、横浜市のお役所仕事のPRなどお手伝いをさせていただけることに感謝している。楽しみな一年になることに乾杯!
 あと前回のミツバチくんの件であるが、アメリカ山の公園でミツバチを管理しているらしく、もしかすると、元町の菓子店でも、本牧の養蜂家でもなく、アメリカ山の公園のミツバチが山手の丘を席巻してるような気がする。あるいはそれらの場所すべてのミツバチと言うこともありそうだが……。こんど山手に行く機会があったらフレンチラベンダーの花の前で仕事をしているミツバチ君に訊いて見たいと思う。
「君はどこから来たのかな?」
 きっと無視されることだろう(笑)。

 ではまつりの話に移ろう。記紀神話ファンのわたしにとって、装束なども含めて、王朝絵巻や歴史を実体験できる貴重なイベントが祭だ。


 祭にはいくつかのタイプがある。神さまを神輿や山車でお連れして、ご神域のご視察していただく渡御(とぎょ)があり、休憩所をお旅所(たびしょ)などという。
 神楽(かぐら)や舞楽(ぶがく)のように、舞で神さまをもてなすものも、祭りの重要な儀式のひとつで、一説にはまつりの「まつ」は降臨を「待つ」から来ているともいわれているらしい。したがってこの形が原始的な祭りの原型で、磐座(いわくら)や依代(よりしろ)を用意して、舞を披露したものがその始まりと記す本も多い。
 神輿や山車を渡御するものも分類ができる。威勢の良い担ぎ手の荒々しいものと粛々と進められる厳粛なものがある。多くの祭の写真をおさめさせていただいたなかで、印象に残っているものを画像と一緒に振り返ってみたい。
 伊勢では春や秋にお披露目される舞楽(ぶがく)の演目の他に、川曳きと陸曳き(おかびき)という、神輿の代わりに山車(正確にはお木曳車/奉曳車)や川ソリを使う引き手の祭がある。これは神輿とは意味が異なり、神聖な初穂や神殿の木材などを運ぶ役目を担うものである。お白石の行事もこの手法で運ばれる。舞楽もお木曳きも大好きな祭の行事である。
 熱田では一日中舞楽を奉納するお祭りがある。このおまつりは舞楽好きにはたまらないものだ。初めて訪れたときは雨天で室内の簡略化したものだったが、翌年は色鮮やかな大太鼓(だだいこ)の音やおおきな舞台の上で、見ることができて興奮した。こんなに多くの演目をやってくれる神社さんは少ないからだ。
 関東での舞楽は鶴岡の八幡さまや明治神宮で見ることが出来る。観覧は出来ないが大宮の氷川神社でも『東遊(あずまあそび)』の演目が奉納されている。勅使の列が入場する際、『東遊』の演目衣装を着た踊り手を見ることや撮影することは可能である。まあ、いずれ舞楽についてはあらためてこのブログで紹介してみたいと考えている(ずっと先になると思うが)。
 舞楽の場合、おおよそどこの神社でも決まっているのが最初は、舞台を清める『振鉾(えんぶ)』ではじまり、最後は舞のない音楽のみの『長慶子(ちょうげいし)』でおわるということである。この曲は、笛の名手と名高き、かの源博雅(みなもとのひろまさ)の作ともいわれている。
 人気なのは、もともとは稚児舞から発生したと言われる『胡蝶(こちょう)』や『迦陵頻(かりょうびん)』である(これ漢字出すの難しい)。 女性の舞手が四人で規則正しく舞う姿が、優美なためかもしれない。わたしが見た中では、女性の舞手の演目はこの二つしか無い(知らないだけで他にもある可能性はある)。面をつける『還城楽(かんじょうらく)』や『抜頭(ばっとう)』などの演目も人気だ。文学と結びつくところでは『青海波(せいがいは)』などは、『源氏物語』にゆかりが深い。
 舞楽については、撮影の枚数、写真展の可能性が出てきたとき、いずれ私のなかでお披露目できるレベルになったらご紹介したい。そこそこストックは演目ごとに十年分程度ある。それまでこうご期待(だれがわたしに期待するのだろう?)。このように舞楽は、結婚式や例大祭などでもお披露目されるような、一般に巫女舞と言われているものとは少々異なる舞である。
 さて神輿のほうであるが、富岡八幡さまの水かけ神輿まつり、結構な頻度で出かけている。たまに私にも命中し、濡れてもいい格好で出かけるほど居直った。カメラだけは無事に守り抜くことが使命だ(笑)。最近は知恵がついて、遠くから望遠で抜くことを覚えた(笑)。
 そして今回お邪魔したのは神田祭の神輿渡御だ。江戸の名物とまでも言われた祭りであり、大黒さまとスクナヒコさまをまつるものでもあるはず。近年は将門さまの慰安も兼ねているという。秋葉原の電気街とは真逆の時代装束で練り歩くそのミスマッチな感覚が東京の祭りとしては意気である。
 そんなわけで今回は撮りためたいくつかのお祭りの写真も掲載してお開きとしよう。次回は、ひさびさの「帰ってきた写真ギャラリーめぐり」と考えている。あくまで予定だが。ではまた。

イギリス館とバラと青空
2017 05 19_0081_edited-1.jpg

橙色・黄色系のバラ
2017 05 19_0122_edited-1.jpg


青空とイングリッシュガーデン
2017 05 19_0052_edited-1.jpg




伊勢神宮の舞楽・『迦陵頻』
10DSC_0206.jpg

熱田神宮の舞楽・『抜頭』
30DSC_7143.jpg


富岡八幡宮のみずかけまつり
28IMG_0961.jpg

鎌倉まつり・流鏑馬神事・鶴岡八幡宮
9DSC_6079.jpg


神田祭・神田明神・神田駅前
2017 05 19_0238_edited-1.jpg

伊勢神宮・川曳き
40IMG_357.jpg

伊勢神宮・陸曳き39IMG_3818.jpg















nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
自然 文学 歴史 ブログトップ